2007/8/24

ハリーポッターと不死鳥の騎士団  映画

 我が家では恒例な感じでハリーポッターは劇場で観ている。

 で、今回は‥今までのものと雰囲気がガラっと変わり、ダークな雰囲気で、笑いをとるシーンもほとんどなくシリアスな展開。成長とともにハリーの迷い、悩み、苛立ちが出てきてその分複雑な味わい。青年ハリーはなかなかいい。仲間同士の絆がより強くなり学園ものとしても面白い。

 ただ原作を詰めているせいか、展開が判りづらい。もう少しゆっくりした展開で観たい気もする。ラストも話の途中という感じが今まで以上にあり、スカッとした終わり方ではない。でも、私はシリーズのなかではこれが一番いいできだと思う。

 まあ、シリーズものは、一つをとって評価するのはあまり意味がないかもしれませんが。
 ☆☆☆.5
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ