2007/10/19

ルパン  映画

 2004年製作のフランス、イタリア、スペイン、イギリス合作の映画。

 子供が見たいと言って借りてきました。ルパン三世のおじいさんの話として興味があったみたいです。当然ながら、まったく子供向けではないのですが、話は子供でも分かりやすく、当のルパンがルパン三世なみの軽さと若さ(役者はロマン・デュリス)で息子にはよかったようです。ちょっと謎めいている雰囲気もよかった。吹き替えで見たのですが、「ルパン三世」の声役がところどころに出てきます。まあご愛嬌という感じです。

 そこそこ面白いのですが、CGに頼りすぎで、断崖のシーンはハラハラしないし、宝石を盗むシーンはまるで魔法のように消えたり、表れたりでイマイチ。
 感情の流れも、腑に落ちない点がある。父に対する思いは?‥。
 それに原作もそうなのかもしれませんが、カリオストロ伯爵夫人(クリスティン・スコット・トーマス)が不老不死で、なおかつ、顔も変えられる(一瞬にして変わる。変装ではない?催眠術?)のはどうかな〜と思いました。これじゃあハリポタだよ、と思いました。

 なかなか合点がいかない点が多々ありましたが、そこそこ楽しめる作品でした。007カジノロワイヤルのヒロイン役だったエヴァ・グリーン(クラリス役)もよかったし。

 ☆☆☆。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ