2006/1/27

「にせゴジラ」  

 ウチの息子は、小2の8歳です。
 生まれたとき、天使って本当にいるんだなと思いました。親にとってまさしく生まれたての子供は天使そのものですね。

 その気持ちは成長した今も変わりませんが、最近はやたら癇に障る天使ではあります。

 でも、かわいいものです。昨夜も一緒に風呂に入っているときに、

 「お父さん、にせゴジラの人形があるの知ってる?」

 と目を輝かせて私に聞きました。

 私は「知らない」と答えました。

 息子は、私の影響で、ゴジラが大好きです。旧作も含めほとんど見ています。ゴジラ以外の怪獣では、70年代の初代メカゴジラが一番好きらしいのです。
(マニアの間でも、一番人気のアイテムらしいです)

 「にせゴジラ」というのは、「ゴジラ対メカゴジラ」(S49年)で、地球を侵略しようとして宇宙人がつくったもので、中にメカゴジラが入っていたのです。それで人形で、表面が本物のゴジラと何が違うかというと、本物のゴジラと戦って肩のあたりの皮膚だけ剥げてしまいメカゴジラのシルバー色がでてくるのですが、それを再現してあるのだそうです。

 マニアックなアイテムなのです。

 お風呂の中で、息子は得意そうに話してくれました。そんなときは本当にかわいいなあと思います。

 「欲しいか?」と聞いたら、

 「欲しい!」と言っていました。

 見つけたら、買ってしまうでしょう。甘い親です。
0

2006/1/26

一人っ子と映画「グロリア  映画

 今朝、小2の息子は寝坊しました。
 その上、学校へ行かせようとすると、ダラダラして行こうとしないのです。
 私は、時間を伝えても動かないので、部屋にほったらかしにして、店で子供が降りてくるのを待ちました。
 降りてきたのが8時20分。学校は8時15分まで登校となっているのです。もう5分過ぎた状態でした。
 子供は「車で送ってくれ」と言ったのですが、無理やり歩かせて学校に行かせました。
 息子は、一人っ子のせいか、ややもすると楽な方へ楽な方へと流れてしまいがちな性格です。今日はちょっときつめに叱って追い出しました。

 なかなか親が思うようにはならないものですね。

 先日、久しぶりに映画「グロリア」を見ました。最近のシャローン・ストーンのではなく、ジーナ・ローランズのオリジナル(80年制作)の方です。公開時に見たのみで、20数年ぶりに見直しました。
 以前見たときは、なかなかタイトなアクションものの名作という感じでしたが、今回見たら、親としてうなずけるシーンが何箇所かあって、印象がかなり違いました。今朝の話ではないのですが、グロリアが子供が言うことを聞かず手こずるシーンがあり、「そうそう」と納得してしまいました。また、最初の方で子供と父親との別れのシーンは、自分を当てはめて見てしまい、それこそ涙がでそうでした。親になると印象が変わるものです。

 映画としては、主演のジーナ・ローランズが、恐いくらいはまっていて、唸ってしまいました。
 格好いいのです。最初はただのアバズレ女なのですが、そのアバズレさが、話が進むにつれ増幅し、ぐっと生き生きしてきます。その上、とても魅力的な女性に見えてくるのです。いつもデカいバッグを片手に逃げ回り、敵より先に拳銃をぶっ放すのです。バッグの中何が入っているかと言うと、自分の衣裳がどっさり入っていて、逃げながら、服をとっかえひっかえするのです。おしゃれで、恐くて、魅力的です。
 ハードボイルドです。
 そしてラストシーンでほろりとさせます。

 監督は、ジーナ・ローランズの旦那さんのジョン・カサヴェテス。「パニック・イン・スタジアム」でSWATの隊長役をしていました。自分のカミさんを、ただきれいに撮るのでなく、彼女ならではの魅力をしっかり引き出していて、大したものだと思いました。
0

2006/1/25

カップメン  

子供はなぜかカップメンが好きだ。
かく言う私もカップメンが好きだ。

でも、母親は、「カップメンは身体によくない!」と言う。

確かに‥ と私は思う‥。

今日は、小2の息子が帰ってくるなり、お腹がへったようで、
「カップメンが食べたい!」と言ったので、ちょうどあった某N社の
○○の達人を食べさせようとしたところ、くだんの母親の言葉となった。

ちょっとかわいそうな気もするが、確かに生めんから作るものより、
いろんな添加物が多いし、身体に良くないと思う。
ましてや、息子は成長盛りであるし‥。

カップメンは、身体に良くないと思うが、美味しい。
とくに、飲んだ後、深夜、小腹空いたときに食べるカップメンはうまい!

でも、子供のために、私もガマン、ガマン‥。
0

2006/1/24

カーヴドッチ スパークリング  お酒

 昨日は飲まないつもりでしたが、ようやくカミさんも風邪がよくなり、本来は先日の土曜日に作る予定だったクリームシチューが夕食のメインデッシュとなりました。

 実はそのときは、カーヴドッチのスパークリングを飲もうと密かに思っていて、フランスパンとクリームチーズも買っておいたのです。

 前置きが長くなりましたが、結局、昨晩も飲んでしまったというわけです。カーヴドッチのスパークリングワインを飲みました。このワインは、フランスのシャンパンと同様に、1本1本瓶内で醗酵させて、そのときにできる炭酸を瓶内に閉じ込めた発泡性ワインです。元酒に自社2001年のシャルドネのみを使って作られています。

 お値段は、750mlで¥3,990とちょっとお高いですが、この手間ヒマを考えたら仕方ないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 グラスに注ぐと、思ったより強めの炭酸がきれいな泡を作ります。味は、炭酸のピリっとくる舌触りに、適度な酸味があり、爽やかな味わいです。飲み干すとカーヴドッチのシャルドネ特有の程よい樽香が感じられます。口の中をきれいにしてくれる感じがあり、淡白な料理はもちろんのこと、ちょっと脂っこい料理もいけそうです。

 まさにクリームシチューにぴったりでした。

 あまり深酒をしないように、半分でやめておくつもりでしたが、いつの間にか1本空けてしまいました。

 満足、満足‥。

酒商 小松酒店HP http://www.sake-komatsu.com/
0

2006/1/23

二日酔い  お酒

 昨日は、咲花温泉で宴会でした。

 県連の小売酒販青年部(いまだにに青年部です!)の役員たちで、昨年11月に行なった勉強会の打ち上げ(慰労会)でした。持ち込みOKだったので、各自お勧めの酒を持ち寄って飲みました。私は、美の川酒造の「杜氏謝恩の酒」を持っていきました。このお酒は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したお酒で、本来1.8Lで1万円クラスの大吟醸です。それを日頃の御礼ということで、なんと5,250円という安さです。華やかな吟醸香と、ふくらみのある味わいのお酒です。

 他には、寒梅超特撰(大吟醸)、寒梅特撰(吟醸)、越洲大吟醸、久保田翠寿や各蔵のしぼりたて生酒など銘酒がそろいました。それを10名ぐらいで、いろいろと批評しあいながら、全部飲み上げました。

 やはり寒梅は、すこしお燗をした方が味が出ていいと思いました。(超特、特撰、どちらも)

 飲み方も、考えた方が良かったなと後で思いました。というのは、原酒や、濃厚な味のお酒をさきに飲むと、次に淡麗なお酒を飲んでも、味がぼけてしまいます。また、吟醸香も強いものを先に飲むと、次のお酒の香りが判らなくなりました。

 まあ、酔っ払ってくると利き酒は、もうできませんので、結局、何でも、いっしょくたに飲んでしまいましたが。

 私は、いつの間にか寝ってしまったらしく、気づいたら、布団の中でした。

 今朝は、頭が痛く、しっかり二日酔いになりました。今日は、休燗日にします。

 でも、また夕方になると飲みたくなるんですねぇ‥

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ