2006/1/24

カーヴドッチ スパークリング  お酒

 昨日は飲まないつもりでしたが、ようやくカミさんも風邪がよくなり、本来は先日の土曜日に作る予定だったクリームシチューが夕食のメインデッシュとなりました。

 実はそのときは、カーヴドッチのスパークリングを飲もうと密かに思っていて、フランスパンとクリームチーズも買っておいたのです。

 前置きが長くなりましたが、結局、昨晩も飲んでしまったというわけです。カーヴドッチのスパークリングワインを飲みました。このワインは、フランスのシャンパンと同様に、1本1本瓶内で醗酵させて、そのときにできる炭酸を瓶内に閉じ込めた発泡性ワインです。元酒に自社2001年のシャルドネのみを使って作られています。

 お値段は、750mlで¥3,990とちょっとお高いですが、この手間ヒマを考えたら仕方ないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 グラスに注ぐと、思ったより強めの炭酸がきれいな泡を作ります。味は、炭酸のピリっとくる舌触りに、適度な酸味があり、爽やかな味わいです。飲み干すとカーヴドッチのシャルドネ特有の程よい樽香が感じられます。口の中をきれいにしてくれる感じがあり、淡白な料理はもちろんのこと、ちょっと脂っこい料理もいけそうです。

 まさにクリームシチューにぴったりでした。

 あまり深酒をしないように、半分でやめておくつもりでしたが、いつの間にか1本空けてしまいました。

 満足、満足‥。

酒商 小松酒店HP http://www.sake-komatsu.com/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ