2006/3/24

亡国のイージス  映画

 最近、映画の話題がとんとご無沙汰でした。

 「亡国のイージス」をようやく見ました。

 以外と面白い。というのが素直な感想。

 たしかに、坂本順治監督作品としては、?という感じはしました。あまり監督の顔が見えない映画でした。この監督のファンの私としてはもの足りなかった。「KT」の方がズッとできがよかったです。

 ただ、いろいろ試している感じが別な意味で面白かったです。

 たとえば、ストーリーは原作を端折るしかないので、どこまで映像的に圧縮できるか、試しているように思いました(イメージカットをインサートしたり、役者を豪華に使ったりして、説明なしで映像のみでその背景を観客に想像できるか、というようなこと)。それは成功したような成功しなかったような‥‥。中途半端ではありました。
 私はもっと、ストーリーをシンプルにして、背景については、観客が混乱するくらいもっと削ってもよかったと思います。例えば、米国映画「大統領の陰謀」みたいに。原作は日本の防衛論についてかなり踏み込んでいるようですが、映画では、時間的にそこまでは無理だと思いますし、ストーリー自体、「ダイハード」のようなもので、ゴールは見えているわけですし、あとは見せ方だけですから。

 もうひとつは、本物の自衛隊を使って、どこまで本物の戦闘の雰囲気を出せるか。前半の伴走船をロケット砲(名前が知らなくてすみません)で沈めるシーンは最高の緊迫感でした。
ここでこの映画の見せ場は終わってしまいましたが。あとは、まあ邦画ではよくできたアクション映画というぐらいでした。

 坂本順治の「トカレフ」や「KT」は、ドカっと生肉を画面に放り出したような迫力がありました。「トカレフ」にいたっては、ストーリーがまったくできていないというか、いびつなストーリーでしたが、その点がまた不気味だったりしました。

 それに比べると、普通のアクション映画でした。

 ということで、「亡国のイージス」は、満点☆5個とすると☆☆☆ぐらいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ