2006/9/19

マイアミ・バイス  映画

 日曜日、久しぶりにひとりの時間ができたので、久しぶりにひとりで映画を見てきました。 (カミさんと子供は実家のお母さんと旅行に行きました)

 「マイアミ・バイス」です。「隠れガンマニア」の私にとって、この秋一番見たかった映画です。
 前評判どおりに確かにカッコイイ!銃撃シーンは凄い迫力!

 でも、期待が大きすぎたせいか、なんか物足りなさを感じてしまいました。

 話の展開はグー!初っ端から、わけの分からないうちに話の核心に入っていく。 (最初のクレジットタイトルもなく始まります) 見ているほうは、なにが何だか分からない緊張感があります。それでいて話が進むと、説明的な台詞はほとんどないのに、まったく無理なく話が理解できる。うまいなあ。

 コリン・ファレルが、ちょっとむさくるしいオヤジになりましたが、なかなかカッコいい。
 ジェイミー・フォックスは動きがよくカッコいい。
 コン・リーは「SAYURI」より、ずっといいし。
 カッコイイといえば、警察チームの女性捜査官がカッコいい!犯人を一発でしとめるシーンはゾクッとしました。

 でもなんか物足りない。

 相手(敵)が弱いから?
 イエロ(仲介者)は、イマイチ敵としては小物。ボスは結局良く分からない。

 ハラハラドキドキ感がない?
 潜入捜査のワリには、バレそうにならない。その上、敵の女(コン・リー)と簡単にできっちまうし、その後の色恋のかけひきは小物のイエロとだけ(ボスの思いは?)。

 相棒同士(コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス)の関係があまり見えないから?
 信頼しあっているようだが、あまり二人を繋ぐ場面がない。

 ガンマニアの私としての不満は、長物しか出てこなくて、ハンドガンがチラっと出てくるだけだったこと。コリン・ファレルのハンドガンは、インフニティというレースガンのカスタムらしく(月刊「GUN」10月号より)で、コンシールド用に短くしたもの。かなりマニアックでカッコイイのに、全然撃たない。確かにあのマシンガンにショットガン、それに対戦車ライフルのような狙撃銃の威力の前では、ハンドガンなんて使い物にならないでしょうが。

 そうそう、対戦車ライフルのような50口径(12.7mm)の狙撃銃が凄い迫力でした(ルパンの「カリオストロの城」で次元が使っていたのが「対戦車ライフル」で口径14.5mm、それより小さい)。車のボンネットを貫通して腕や頭をぶっ飛ばすシーンは音も凄かったですし、特殊効果も凄かったです。

 今回は、ソニー中心(コリン・ファレル)の回。大物も逃げてしまったし、是非、続編を作って欲しい感じです。
 確かに、コリン・ファレルがなかなか良かったです。
 ☆☆☆☆
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ