2007/6/10

時をかける少女  映画

 あの大林宣彦版ではなく、昨年作られたアニメ版。
 筒井康隆を原作にしていますが、まったくのオリジナルといえるストーリー。評判も上々で今年の日本アカデミー賞のアニメ部門で賞をとったとか。

 期待が大きかったせいか、期待ほどではありませんでした。普通に面白い作品。舞台を現代に置き換えて、配役もガラっと変わっています。ヒロイン性格がぐっと明るくなり、原作の三角関係は薄れて、今ふうに片思いがの連鎖するストーリー。すこしダラダラした展開ですが、高校時代の雰囲気がうまく出ていてなかなか楽しめました。

 ただ、ヒロインの反応や画のタッチが「ジブリ」風だったり、家族の反応などが大林版を彷彿させ、なんとなく既視感があるのです。まさかテーマどおりデジャヴ感覚が狙いだとは思えませんが。結局それらの作品(ジブリ「おもいでぽろぽろ」、大林版「時をかける少女」)と比較してしまうと‥‥残念ながら弱い。
 人物の動きは、製作会社のマッドハウスらしい躍動感があり、なめらかで素晴しいのですが、それも先輩作品今敏の「千年女優」と比較してしまい、やはり軍配は‥「千年女優」。
 できはそんなに悪くはないのですが、結局、作品密度がそれらと比較して軽い。
(未来から来た青年の動機もイマイチ軽い)
 そういえば、芳山和子(原作のヒロイン)は、おばさんとしてヒロインをサポートしていました。続編的な設定になっているようです。

 でも、けなしてばかりですが、そこそこ気に入っています。
☆☆☆

 
(※駄作と言われた角川春樹監督「時をかける少女」(97年製作)も意外と気に入っています。ちなみにこの作品はラストでしっかり二人が出会って終わる!
 出来の良さの順は、1.大林版、2.アニメ版、3.角川監督版)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ