2007/6/24

トゥモロー・ワールド  映画

 2006年公開映画。これはレンタルDVDで見ましたが、やはり、劇場で見るべき作品でした‥。

 なかなか凄い。画面の色合いといい、役者の雰囲気といい、ストーリーといい、まったくハリウッド製SF映画と異にしています。イギリス映画らしいテイスト。ちょっとくすんだ、ちょっと疲れた、ちょっとシニカル。ニール・ジョーダンの「クライング・ゲーム」を思い出しました。

 劇中、プログレッシブロックの名曲「クリムゾンキングの宮殿」が流れたときは鳥肌ものでした。たぶん高校以来だと思います。この曲自体、破壊と再生をイメージさせる荘厳な曲で映画のイメージにぴったりですが、ぴったりすぎるのか、ちょっと外して使っていました。でもゾクッときました。

 CGをかなり多用して、破滅的な終末的世界を圧倒的なリアルさで作り込んでいます。ロンドンの風景なんて、ちょっと変なバイクが走っているけど違和感なく今のロンドンかと思えるぐらい。
 長回しのワンカットで撮られているシーンが多く、臨場感を上げます。トップシーンから爆弾テロによってビルが爆破されるシーンや、ラスト近くの戦闘シーンはあたかも戦場に遭遇してしまったようなリアルさ(この長回しは村川透監督、松田優作主演の「殺人遊戯」を思い出す)。それに子供が生まれるシーンも凄い。中盤の車が襲われるシーンは、ワンカットも驚きですが、あの話の展開も凄い。初めわき合い合いとしていたと思ったら、急に襲われて一人死亡。
 ハリウッド的な派手なCGの使い方と違い、CGとは感じさせないリアルな使い方です。渋いです。

 内容は、悪く言うと雰囲気で終わっているというか、寓話的なストーリーです。いろいろと現代の終末的な問題点を描写して詰め込んで、それらの要素は時代背景で実際のストーリーには直接かかわってきません。メインのストーリーは、全世界で18年ぶりに生まれた子供(!)を、得体の知れないヒューマンプロジェクトのトゥモロー船に無事乗せること。それだけなのです、そのなかに、現在の環境問題や、テロ、ましてやアウシュビッツを彷彿とさせる収容所が出てきたり。

 結局この映画は、圧倒的なリアルな終末世界をビジュアルで楽しみ、そのなかでしっかり希望の胎動を感じて終わる。それだけで充分なのでしょう。今さら何が悪いと告発調にすることすら手遅れの時代状況に我々はいる、ということが暗に示されているのかもしれません。もう手遅れだと‥。

 だから、ストーリー的には若干不満ですが(あれだけ苦労して生き延びたのに、なんで安易にトゥモロー船を信じるのか?)、テロや環境破壊などの破滅的な現在の状況をいろいろ考えさせ、破滅と破壊の先の希望について雰囲気たっぷりに描くことしかできない現在の状況を表した「娯楽映画」として充分楽しめました。
 マイケルケインがいい味を出していましたし、出演場面は少ないのですがジュリアン・ムーアが存在感があっていいです。

 監督は「ハリーポッタ アズガバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン。

 ☆☆☆☆
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ