2008/5/29

やじきた道中 てれすこ  映画

 「しゃべれどもしゃべれども」の監督・平山秀幸・作品です。この監督はお気に入りの監督なので、この新作が気になっていました。なぜかと言えば、今までの平山監督ものとは違って、コテコテの役者ばかりで、どうなるのかと思いました。私はコテコテの芝居が見たいわけではなく、「映画」を見たいほうですから。

 それで主演は、コテコテの中村勘三郎、もう一人は柄本明。見る前から「コテコテ」やな〜と思っていました(「テレスコ」でなくコテコテ‥)。

 見たら、しっかり映画の雰囲気。さっきの二人はコテコテでしたが、ほかの役者もコテコテ。みんな臭いくらい上手い。皆演技の見せ合い。そのなかで勘三郎の姉さんの波乃久里子が女郎宿の女将役をサラッとやっていてよかった。もっと映画やドラマに出たらいいのにと思います。
 映画は、臭い連中を上手く束ねて、そつなくバランス良くできています。

 が、そのなかで一番光っていたのは「キョンキョン」(小泉今日子)でした。なんと自然、なんと艶っぽい。その上堂々としてる。
 この映画は彼女が核ですね。結局キョンキョンのおかげで、この映画の芝居臭さが、中和されて、相方のコンビの「やじきた」の中村勘三郎、柄本明が光った。

 男二人に女一人の組み合わせの映画は、「冒険者たち」「明日に向かって撃て」と名作があって、私は好きなパターン。この映画もそんな良さが出いています。
 ラストの川原での掛け合いが、よかったです。なんか映画っぽい。
 (「このボケナス野郎」と言うキョンキョンがいいですヨ。見ていない人に分かりずらい話ですみません)。
 ☆☆☆☆。

0

2008/5/23

パプリカ  映画

 2006年の今敏・監督のアニメ。あの名作「千年女優」の監督です。

 一昨日、WOWOWで朝やっていて、途中から見たらやめられなくなり、見てしまいました。
 公開時も見ていたのですが、やっぱり面白い。

 筒井康隆の原作で、他人の夢を共有できる機械が盗まれ、その夢がいつの間にか現実に現れてきてしまう(このヘンがよく理解できない、が、なんとなく見せる)お話で、今敏お得意の名作映画のパロディ(「007/ロシアより愛をこめて」や「ローマの休日」や「ターザン」!)ができてきたり、また「千と千尋の神隠し」ばりの夢のデフォルメが凄い。
 以前見たときは、主役の気持ちの変化がイマイチつかめなくて、乗れなかったが、今回見たら、あまり気にならなくなり、素直に面白かった。なによりイメージの広がりが凄い。それに訳の分からない言葉の遊び。押井守のアニメ「イノセント」を思い出す。

 登場人物の一人は、もと映画青年の刑事。それで急に「イマジナリー・ラインを超えちゃってるよ!」とか「ここはパンフォーカスだから、露出を絞って」とかマニアックな映画用語が急に飛び出してきたりする。それで話もちょっと胸キュンだったり。学生映画制作出身の人が見たら、思わず「なつかし〜」って思うハズです。

 リアルな映像のアニメで(まるでサスペンスアクション映画)、イメージの広がりに圧倒され(「怪獣映画」もびっくり)、ちょっとエロチック。それでいてお話は、ハートウオーム(「恋愛映画」的)でどこか懐かしさを感じさせます。色んな映画的要素のゴッタ煮の映画ですが、全体として大変洗練されたアニメです。未見でしたら、ぜひご覧になってください。

0

2008/5/14

祝・三条まつり!  商店街

 今日から「三条まつり」です。

 わが中央商店街青年部で、恒例の、三条まつりの「大名行列」に参加する傘ぼこ作りをしました。昨日完成!

 今年のテーマは「祝・御蔵橋完成」です。それに干支の「ねずみ」を合わせ、ついでに(?)三条市が取り組んでいる「サンキッズカード」をひっかけて宝船風に作りました。
(下の写真)

 誰ですか?「ねずみに見えない!黒い巨大モグラ」なんて言うのは?

 確かに黒いモグラが、橋を襲っているようにも見えますねぇ‥。
 (まるで「円谷プロ」?!)

    クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 三条市  商店街

2008/5/6

家族旅行  旅行

  クリックすると元のサイズで表示します
   「アクアマリン福島」の古代の海の生物の展示物・凄い迫力

 昨日は、日帰り家族旅行に行ってきました。団体バスツアーで、福島県の「あぶくま洞」と「アクアマリン福島」に行ってきました。
 
 さすがGW、どこももの凄く混んでました。「あぶくま洞」も「アクアマリン福島」もまるで「ディズニーランド」のように並んでようやく入る状態でした。
 
 「あぶくま洞」は、カミさんが小さい頃親に連れられていって感動したそうで、小五の息子にも見せたいということでしたが、息子は意外と反応がない。面白くないようでした。私はそこそこ楽しめました。確かに洞窟は魅力的だと思いました。多分、初めて入った人は凄い感動だったと思います。でもこれだけ人が多いとね‥。空いているときにもう一度来てみたいと思いました。
   クリックすると元のサイズで表示します
     「あぶくま洞」内部

 そのあとに「アクアマリン福島」(水族館)に行きましたが、こちらは、新潟市の「マリンピア」より規模が大きく良く出来た水族館でした。全体がテーマパーク風で、造り込みが凄い。小川や、田んぼの風景を再現してそのなかにヤマメや岩魚がいたり、フナがいたり‥(魚の種類が思い出せずすみません)。熱帯系では、陸地も植物で再現してあり、その中に熱帯系の魚が泳いでいるのです。巨大水槽は海面(水面)で見られたり、深いところでは、二段階に見る場所があったり。
 屋外には、人工に造られた浅瀬があり、そこにナマコやカニやヒトデがいて、勝手に触れるる場所がありました。こちらの方が「洞窟」より息子は喜んでいました。
 親の思いと子の考えはなかなか一致しませんね。
    クリックすると元のサイズで表示します
     人工の浅瀬で遊ぶ子ども達(アクアマリン福島)
     
 どちらの施設も、もう一度ゆっくりと見物したいぐらい、魅力的な場所でした。

 バス旅行は、運転しなくていいので楽ですしね。また行ってみたい!
 (って親ばかり思っていたりして。子どもは案外‥。)
0

2008/5/4

大日本人  映画

 松本人志の監督・主演の昨年の問題作(?、というか話題作)「大日本人」。
 WOWOWで録画しておいたのを今朝見ました。



 これは、ある意味傑作かもしれません。松本人志の生真面目さが出ています。
 この映画自体の発想は、よく仲間で飲んで、よく冗談を言い合うようなネタです。それを真面目に映像化してくれました。そのエネルギーたるや大したもんです。口で言うのは簡単ですが、それをシナリオ化して(これ自体も大変だと思います)、なお且つ巨費を費やして映画にしてしまったのですから。参りました。

 映画は、「リアルな」巨大ヒーローものでした。
 それを現代においてシミレーションしていく。そうすると「日本」の、「日本人」の問題点があぶりだされるという構図です。
 あぶり出しには成功していると思います。ボケ問題、天皇制(そこまで深刻ではないが)通じる世襲制の問題、ヒーロー像が確立しずらくなった大衆の反応、アメリカの正義について(ラストのきぐるみのうそ臭さまでアメリカの正義のうそ臭さを表しているように思いました)、それに最後のエンドロールは、家庭では母もしくは妻が一番強いことを(ヒーローの家庭でもそうだということを)描いてくれて、私は身に詰まされました。ウチとおんなじ‥。

 まあ、マッちゃんのだべりそのもののような映画でした。面白かったか?と聞かれれば、現代世相を可笑しく見せてくれた点では面白かったけれど、映画としては?です。とくにテンポを考えて欲しかった。あれは1時間30分ぐらい、もしくは1時間ぐらいでもよかったと思います。
 映画の体裁として2時間ぐらいというのが配給側、興行側にあるのかもしれませんが、素材に合った時間というものがあると思います。
 ☆☆☆ 。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ