2008/7/21

芋焼酎・小松帯刀  お酒

 NHKの大河ドラマ「篤姫」がだんだん佳境に入ってきました。昨日は13代将軍家定が亡くなり、天璋院(篤姫)が14代将軍家茂の後見人として時代の中枢にかかわってこようとするところで大老・井伊直弼(中村梅雀がなかなかいいです)が天璋院(篤姫)の前に立ちはだかろうとしているところで終りました。だんだん面白くなってきました。
 
 このドラマに篤姫の幼なじみ小松帯刀(たてわき)がでています。あまり知られていませんが、西郷、大久保の才能を引き出し、明治維新を支えた人物だそうです。阪本龍馬とも交流があり、大政奉還を前に新政府の人事構想が話題になったとき、坂本龍馬が推薦した人物は、1番に小松帯刀、次に西郷隆盛、3番に大久保利通、4番に木戸孝允と言ったそうです。

 同じ苗字でみょーに親近感もあり、いま話題のドラマ関連ということで仕入れてみました。
 飲んでみると、しかっりした味わいながら、柔らかな甘みを感じ、キレがいい味わいでした。水割り、ロックもいけますが、私は、お湯割りがお勧めです。芋の香りが楽しめ、味わい深くなります。

 是非、ご賞味を!

クリックすると元のサイズで表示します
    1.8L 1,926円   720ml 1,178円
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ