2009/1/13

転校生 さよならあなた  映画

 先日WOWOWでやっていて、見るとなしに鑑賞。

 大林宣彦が82年に作った「転校生」は、今でも心に残る傑作でした。それを自身で2007年にリメイク。ただ、前作と入れ替わる設定だけ同じで、ほとんどオリジナル。そこが市川崑の「犬神家の一族」のリメイクと違うところ。

 冒頭から、大林マジックで、あれよあれよと映画の世界に入ってしまいます。登場人物は皆、いつもどおり大林のバイアスがかかっていて、なんか変(登場人物がちょっと躁状態)。キャスティングがいいのか皆役にうまくハマっています。うまいもんです。今回もお馴染みの男女入れ替わりのエピソードがちょっとHに綴られていきます。

 と、スケベ心をもたげながら見ていくと、今回のテーマはシリアス。なんと一方の女の子が不治の病で余命3ヶ月。シリアスでいながらちょっと可笑しく、泣かされます。賛否両論ありそうな結末ですが、これはまた別の話として良かったと思います。また同じのを作っても仕方ないですから。これは、大林宣彦の哲学が感じられる映画。人は死んでも、物語は永遠。なるほど。

 入れ替わりも以前のように単純でなく、それぞれの要素が少しづつ残る設定。それがまた元に戻り、それぞれの相手への理解が深まる設定になっています。結局一方が死んでも、もう一人のなかに二人分行き続けるということになるのです。なるほど。
 キルケ・ゴールの言葉(劇中に出てくる言葉)で、死に至る病は「絶望」だそうです。なるほど。一人が死んでも「希望」を持ってもう一人の自分とと共に生きる。ラストはしんみりしたものでなく、前向きで、主人公(男の子)の成長を感じさせる終り方。意外と哲学をする映画でした。

 主人公の女の子役の蓮佛美沙子は最近NHKのドラマ「七瀬ふたたび」で主演しいましたが、平凡な子であまりパッしないと思っていました。でもこの映画では、小気味よい演技でとても光っています。やっぱり演出で役者は変わるもんですね。まあ大林の演出はちょっと独特の臭さがあるけど、それが気にならなければ楽しめます。彼女(蓮佛美沙子)の劇中で歌う主題歌もよかった。☆☆☆☆。

 でもやはり82年の「転校生」のほうが傑作だと、改めて思ったり‥。



0

2009/1/12

アフタースクール  映画

 先日、キネマ旬報の2008年ベストテンが発表されました。「アフタースクール」は10位に入ってました。前から見たかった作品。ようやく見ました。

 内容は、中学教師の神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る探偵の北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてきて、親友の同級生木村(堺雅人)の行方を追っているという。それで神野も木村探しに巻き込まれて・・・。

 面白い!大泉洋がぴったりハマってました。堺雅人はちょっと切ない役柄。それに佐々木蔵之助がいい。裏家業系(探偵)をリアルに演じてました。てっきり私は「新・探偵物語」ができると思ったんですが。それくらい佐々木の役柄は魅力的。

 内容は、この映画(謎解き系、だまし系)の性質上詳しく書けませんが、よくできたシナリオ、しっかりした演出。それにキャスティングの妙。メインの役者以外でも、とくに愛人役の田畑智子は、最後になるほどと思わせますし、常盤貴子も意外とはかなげで、幼なじみの初恋相手という設定を充分想像させます。
 ストーリーは、「だまし」がメインでなく、「初恋の思い」や「友人とのつながり」がラストでメインになってくるのですが、ここも上手いところ。途中で、佐々木が大泉に言う台詞と、その対になるラストの大泉が佐々木に言う台詞が、なんとも教育的。思わず納得。そうだよな、と「ひとりごち」しました。(内容は見てのお楽しみに)

 私も変な友人に言われたことがあります。「オレは東京で修羅場を経験してきた‥」なんて。それを聞きながら「本当に修羅場を経験した人がそんなこと自慢するかヨ」と平凡な人生を歩んだ私はいつもそう思っていました。全然映画と関係ない話でした。

 でもそんな「普通の人」の良さが、この映画の大泉洋にはありました。☆☆☆☆。


0

2009/1/10

お燗のこと。  お酒

    クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
    「お燗Tシャツ」

 先日、日本酒はお燗で、と書きましたが、今回はお燗について。

 一口に「お燗」といっても温度によって、いろいろと言い方があります。

〇「日なた燗」:30度ぐらい
  
〇「人肌燗(ひとはだかん)」:35度ぐらい

〇「ぬる燗」:40度ぐらい

〇「上燗(じょうかん)」:45度ぐらい

〇「熱燗(あつかん)」:50度ぐらい

〇「とびきり燗」:55度ぐらい

それぞれ酒質、好みにあったお燗温度がありますので、いろいろとお試しください。
私は断然、「ひや」よりお燗党です。本醸造を上燗にして、焼き鳥で一杯なんて最高です。

お燗に合うお酒をご紹介。

この冬場だけの限定酒「向日葵 限定酒」。地元・三条のお酒です。
通常の「向日葵」に五十嵐川の吟醸をブレンド。仄かな吟醸香とすっきりした味わい。
お燗をすると(ぬる燗〜上燗)、酸が引き立ち、しっかりした味わいでキレがいいです。

  クリックすると元のサイズで表示します
   1.8L ¥2,310

是非、ご賞味ください。
0

2009/1/7

日本酒はお燗で。  お酒

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。

 昨年12月は、、前年同月を上回るご注文をいただきまして、この不況下に、ひとえにお客様のおかげであります。心より御礼申し上げます。いつもより慌しい状況に、発送関係でご迷惑をおかけしたことも少々ありました。ここにお詫び申し上げます。また、ブログを訪問してくださった方々には、更新がなかなかなく、大変申し訳ありませんでした。早めの更新に努力いたしますので、今後ともご高覧いただければ幸いです。

 それで、正月。今年の元旦は、越乃寒梅の特撰を飲みました。
(これは少ないなかの商品に手を付けたのでなく、蔵元から「御歳暮」で戴いたものです。)
 寒梅の特撰は、吟醸酒です。が、華やかな吟醸香のするタイプでなく、仄かな上品な吟醸香のする吟醸酒です。これをお燗して飲みました。これが美味い。お燗することによって、コクが出てきて、尚且つキレが良く、無駄な甘さがない。香りもあくまでも「ほのか」。
 何も言わずに81歳の親父に飲ませたところ、「バ〜カ、うんめ〜酒らな〜」(方言で「バカ」は「非常に」、英語のvery。「とても美味しい酒だな〜」という意味)と言っていました。
 吟醸酒は、ややもすると冷して飲むのが当たり前のように思われていますが、香りの強くない吟醸酒は、お燗をすると味が引き立ち、美味しいものです。とくに寒梅の特撰はお燗のほうが私は好きです。
 寒梅は、特撰にかぎらず、白ラベル、別撰は言うに及ばず、無垢(純米)、金無垢(純米吟醸)もお燗して楽しめます。超特撰(大吟醸)もぬる燗か常温のほうが味が引き立つと私は考えます。

 日本酒の良さは、ヒヤでもお燗しても楽しめるところだと思います。最近は上等のお酒は、ヒヤで飲むもの、お燗してはいけないような風潮がありますが、大変もったいないことだと思います。そのお酒に合ったお燗の温度を、自分なりに見つけて楽しむのが、日本酒の楽しみ方の大きな一つだと思います。大吟醸も含め、是非、偏見を持たずに、色んな酒をお燗で楽しんでみてください。生酒もお燗をしていいと思います。
 そして自分に合った酒を自分流にお燗をして飲む。それもご家庭で、奥様の料理で晩酌をする。お手軽にみえますが、意外と最高の贅沢のように思います。
 ちなみにお燗は、湯煎が一番ですが、電子レンジも使いこなせば、美味しいお燗ができます。あまり大きな徳利でやらずに1合ぐらいのもので、「チン」すれば、そこそこ美味しく飲めます。
 私は、家で飲むときは、だいたい2合ぐらいで止めます。それで気持ちが満足するのです。
 外では、何合飲んでも飲み足りませんが‥。家での晩酌は最高ですよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ