2009/1/22

オバマさん  政治

 昨日の大統領就任演説の訳が全文、新潟日報の朝刊に載っていました。

 読んでみるとなかなか感動的で、米国の沈滞した気持ちを鼓舞する内容でした。しっかり歴史を踏まえて、今いる米国国民の位置を確認し、その上で困難に立ち向かえる勇気を与える。
 やはりアメリカは民主主義の聖地ですね。理想が現実政治に素直に反映されている。

 演説自体が、ひとつの「コラム」のように魅力的な文章でした。
 昨年のキムタクのTVドラマ「CHANGE」でもこれくらい理想を吐いてもよかったのに。

 米国では、実際の大統領が、映画を見ているような演説をしている。いやはや凄いですね。

 それに引き換えわが国は‥。漢字テストをしているのですから‥。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ