2009/3/6

第16回「人と酒が出会う会」開催しました。  お酒

 先日の2月27日、第16回「人と酒が出会う会」を行いました。参加者13名。

 今回のお題は「吉乃川研究2 極上お燗酒から極上大吟醸のしぼりたてまで!」。吉乃川は、一昨年に引き続き2度目。今回は、この時期に予約注文のみ販売の「極上吉乃川・大吟醸しぼりたて無濾過生原酒」と昨年の関信越鑑評会にて、お燗の部で入賞しました「極上吉乃川・特別純米酒」をお燗で飲んでいただきました。

 「極上吉乃川・大吟醸しぼりたて無濾過生原酒」はさすがに生原酒だけあって、香りは華やか。よく冷していても、とてもフルーティな香りがします。飲んでみると‥、味にふくらみがあり、しっかりした味わいながら、アルコール度数が高い(18度)わりには、柔らかい口当たりでした。皆さんの評判も上々でした。

 「極上吉乃川・特別純米酒」は、お燗すると柔らかい口当たり、酸のバランスもよく、お燗によく合います。口に入れると、仄かな吟醸香が鼻にぬけます(含み香)。これも大変評判よく、予定数量以上に飲んでいただきました。

 また今回は、鴨鍋を用意し、冬場ながらの楽しみ、「鍋に燗酒」を楽しんでいただきました。
 参加いただいた皆様、ありがとうございました。次回は6月に行います。お題は‥。まだ発表できませんんが、また美味しい酒を用意して、楽しんでいただきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ