2009/5/6

立山黒部アルペンルート日帰りバスツアー  旅行

 先日の5月3日に、家族でバスツアーに行ってきました。3月に放映された香取慎吾主演のフジTVドラマ「黒部の太陽」の舞台だった黒部ダムです。
 バスツアー「立山黒部アルペンルート日帰り」でした。

 高速道路のETC1000円の影響で、渋滞を覚悟していましたが、目的地までは渋滞もなくスムーズでした。でも、最初にトローリーバスに乗る信濃大町側の扇沢駅は無茶混み状態。その後もケーブルカーに乗ったり、ロープウエイに乗ったりするのですが、それぞれ、2時間、3時間待つのは当たり前でした。結局20時30分帰宅予定が、23時でした。

 最初に寄った扇沢駅には先日のフジTVの「黒部の太陽」で使用したトンネルのミニチュアが飾ってありました。大変興味深く見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
トンネル工事現場の1/3のミニチュア。よく出来てました。

クリックすると元のサイズで表示します
飾ってあった「ミニチュアでの撮影風景」の写真

クリックすると元のサイズで表示します


 それでまずの目的地の黒部ダム。まあ、よくこんなところにバカでかいダムを作ったもんだと驚嘆しました。

クリックすると元のサイズで表示します


 もう一つの目的の「立山・雪の大谷ウオーク」、雪の回廊には、夕方、ようやく着きました。夕暮れで寒いなか、10分ぐらい歩いて切り上げました。

 今回の旅行は乗り継ぎの待ち時間が2時間〜3時間で、待つのが仕事のような感じでした。待っている間なにもすることがなかったので、私は、それぞれの売店でおやき、そば、餅などをひたすら食べて、缶ビールを飲んでいました(アルコールが飲めるのがバス旅行の利点ですね)。カミさんにあきられながら‥。「また飲むの!?」って。

 でも、家族で行く旅行は、それだけで楽しい思い出になります。息子も小6なので、親に付き合ってくれるのは、あと何年もないでしょうし。そのうち声変わりして、ヒゲ面になって、「親と旅行なんて行ってられっか!」なんて‥。

    立山・雪の大谷ウオーク
クリックすると元のサイズで表示します
             まだ可愛い息子です‥
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ