2009/8/24

凄い試合!日本文理・準優勝!  

 甲子園の夏の大会が終りました。新潟県代表の日本文理高校が中京大中京に負けて準優勝でした。10対9でした。すごい試合でした。9回表日本文理の攻撃で、2アウトまで、10対4と6点差でした。誰もがもうダメだと思いました。ところが、あれよあれよとヒットをつなぎ、10対9まで行きました。甲子園の大歓声のなか、勝っているのはどっちか分からなくなるほどでした。悲壮な顔の中京ナイン、笑顔の日本文理。最後はサードライナーで終りましたが、いい当たりで、もしかすると同点打になりそうな当たりでした。でもそれで終りました。残念でしたが、終わって目頭が熱くなりました。感動しました。

 新潟県は、いつも甲子園は、出ると負けで、一回戦を勝てば上々でした。今回も初のベスト4入りで、それだけでも凄いことでしたが、昨日の準決勝で勝って、まさかの決勝戦。それだけで、新潟県人は驚きと喜びでいっぱいでした。今日の新潟日報(地方新聞)は、号外のような一面と最後の面をつなげた大写真でこの決勝進出を伝えていました。

 もうそれだけで、大半の新潟県人は満足だったでしょう。私も準優勝で充分と思っていました。

 案の定、中盤、後半に打たれて10対4の大差。配達先でも、「もうメタメタでダメだね」と話したりしていました。それで最後の攻撃も2アウト。私も、もうダメだと思いました。

 ところが驚異の粘りを見せました。日本文理のナインは、自分たちの夏を終わらせたくないと言わんばかりの粘りでした。2アウトから合計で5点入れてしまいました。どっちが勝っているか分からないぐらいの勢いでした。最後も3塁に同点ランナーを置いていました。一打同点です。相手の中京ピッチャーは、かなりのプレッシャーだったと思います。制球力も落ちていました。結局3塁ライナーでゲームセットになりましたが、物凄い粘りと攻撃でした。終わったあとはどっちが勝ったか分からないぐらいでした。勝ったエースが泣いていました。負けた日本文理のナインは笑顔でした。自分の力を出し切ってからでしょう。すがすがしい笑顔でした。

 感動しました。

 
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ