2010/2/26

視察に行ってきました(2)  お酒

 東京視察報告の2です。

 23日の夜は、私のいとこが渋谷の近くでやっているイタリアンレストラン「グースト」でディナーを食べました。

    クリックすると元のサイズで表示します

 やはり三条出身です。昨年は三条市の主催で「豊穣の三条−晩秋2009−」というイベントを行なったそうです。三条市の食材でイタリア料理を味わう催しで三条市長も参加してのイベントだったそうです。(三条市長のブログでその様子が見られます)

 彼は、大学は経済系の学部を出て、それからヨーロッパを放浪して、各地で料理を学んできたとのことです。小松家の家系にしては、アルコールはあまり強くないのですが(とくに日本酒が苦手とのこと。大学で無理やり飲まされてからのようです)、その分、味覚が繊細なのかもしれません。えてしてのん兵衛は、味覚がいい加減だったりしますので。

 前置きが長くなりましたが、ディナーを視察メンバー総勢5名でいただきました。とても繊細な味で、贔屓目かもしれませんが、とても美味しかったです。とても日常では味わえない贅沢な時間を過ごすことができました。

 料理はどれも美味しかったのですが、なかでも鰆(さわら)を使った魚料理は絶品でした。とろけるような味わいで(焼き魚でとろけるような味わいがあるとは!)、薄味でとても繊細な味でした。これにシャルドネのワインがぴったり合いました。これなら、日本酒も合うと思いました。あまり香りの強くない淡麗の吟醸酒などが合うと思いました。

   クリックすると元のサイズで表示します

 そのほか、三条市の下田地区の「しただポーク」を使った肉料理も大変美味しかったです。

    クリックすると元のサイズで表示します

 お肉料理でありながら、繊細な味わい。素材の味が生かされていました。ただ、肉をソテーしただけといえばそれまでですが、焼き具合が絶品です。あまり硬くならず、肉汁が味わえ、なおかつしつこくない。美味しかったですね。

 イタリアン料理ということで、ちょっとチーズなどを使ったこってり系をイメージしていましたが、その繊細さと素材を生かした味わいは、どちらかというと日本料理に近い味わいでした(味覚的にはまったく違いますが)。ですので、日本酒も合う味だと思いました。

 是非、日本酒を嫌わずに、日本酒も置いていただければと思いました。
 今度は、日本酒持参で訪問しようかと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ