2010/6/30

コンパクトストア「まごころ」オープン!  商店街

  クリックすると元のサイズで表示します

 去る6月26日に、待望のコンパクトストア「まごころ」がオープンしました。我が中央商店街が、中心市街地にミニスーパーを開設したのです。あの有名な「事業仕分け」にもかかってしまった国の補助金(その経緯を記したブログページ)と三条市の補助金を得て行なった事業です。
 先日も、フジTVの「とくダネ」が取材に来ました。それでまた私は、全国放送に出てしまいました。今回は9時過ぎの放送だったので、それほど見ていらっしゃった方は少なかったようですが‥。

    クリックすると元のサイズで表示します
     6月17日放送のフジTV「とくダネ」に出てしまいました‥

 話がそれました。すみません。

 「買物難民」という言葉があります。意味は、高齢者率の高い中心市街地に、生鮮三品(魚・肉・野菜)を販売する店・スーパーがなくなり、足(車)のない高齢者が、日常の買物に困ってしまう状況のことを言います。
 当商店街にもそうなりつつありました。高齢化率が高い地域のうえ、昔からあった大型店が閉店し、もう一つあるスーパーもこの6月末で閉店が決っていました。
 コンパクトストア「まごころ」ができなかったら、7月以降は、「買物難民」が溢れる状況だったのです。
 その意味でもコンパクトストア「まごころ」のオープンは地元にとって大変良かったと思っております。

  クリックすると元のサイズで表示します

 26日のオープンセレモニーでは、市長を始め、市議、自治会長、地元の方々、また地元の三条小学校の児童50数名の子ども達も参加しての「100人テープカット」を行いました(実際は約130名)。太鼓の演奏(三小相承会)やバンド演奏(Shalaku)もあり、地元の「鍛冶レンジャー」や、三条市の「エコちゃんさんちゃん」も登場しての、普通のスーパーのオープンでは考えられない盛大なセレモニーになりました。

    クリックすると元のサイズで表示します
     地元の方々と「100人テープカット」!

    クリックすると元のサイズで表示します
      三条市のゆるキャラの「エコちゃんさんちゃん」も登場

   クリックすると元のサイズで表示します
    三小相承会の皆さんの三条太鼓

   クリックすると元のサイズで表示します
    Shalakuの皆さん

   クリックすると元のサイズで表示します
    鍛冶レンジャーゲーム

 これからは、地元の期待に応えるべく高齢者の方にやさしい「まごころ」のこもったミニスーパーとして中央商店街で運営していきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
5

2010/6/16

アサヒゴールド復刻版  お酒

   クリックすると元のサイズで表示します

 アサヒビールから、「アサヒゴールド復刻版」が出ました。昭和33年に日本で初めて発売された缶ビールが「アサヒゴールド」なのです。

 当店は、その当時小売だけでなく、卸売(メーカーから仕入れて酒屋さんに卸す)もやっていて、アサヒビールの特約店でした。今では、小売店として細々とやっておりますが、84歳になるオヤジにとっては、この復刻版は、当時に思いをはせるものでした。とても喜んでおります。

 味も当時のものに似ているように思います。昔は、現在の主流の「生」ビールはなく、樽の生ビール以外は、すべて熱処理されたビールでした。
 当時は、熱処理=ラガービール、非熱処理=生ビールと言っていました。生は樽しかなかったのです(その後昭和40年代にアサヒが初めて瓶入り生ビールを発売します)。
(また、キリンがラガーを熱処理でなく、熟成と定義つけ、今では、キリンラガーも生ビールになりましたが。結局メーカーサイドの思惑でネーミングの定義が変わってしまいました)

 ですので、当時は熱処理ビールだったのです。今回の復刻版は、「生」です。その点が、昔より味が軽いように思います。

 えっ?お前何歳かって?私はまだ50才ですが、ビールの飲み始めの20代のころ、よくアサヒのラガービールを飲んでいましたから、よく分かります。ちょっと重たくて、苦いのです。それがビールのうまさだったように思います。
 スーパードライは確かに清涼感はありますが、うまい、と思うのは最初の一杯というのが本音です。あとは水がわりというかのどごしを楽しむだけという気がします。その点ラガービールは、ビールの旨みが何杯飲んでも味わえたように思います。

 アサヒビールは、スーパードライで、ジリ貧状態の会社を盛り返しました。その分昔のよさも捨ててしまったのかもしれません。
 今回の復刻版は、昭和レトロブームも一因かと思いますが、昔の味わいを、という気持ちもあったのかもしれません。

 84歳の父は本当に喜んで飲んでいます。親父は、昔からそして今でもアサヒビールのファンです。

クリックすると元のサイズで表示します

2

2010/6/5

凧パレード  商店街

      クリックすると元のサイズで表示します

 昨日は、凧パレードがありました。これは、今日から2日間行なわれる三条凧合戦の前夜祭として行なわれています。

 三条の凧の特徴は六角形をしています。この六角凧の発祥地とされています。この凧の特徴は、使わないときは、縦の骨がはずせて、丸めることができるのです。大きな凧も丸めて保管が可能なのです。

 そしてもう一つ特徴は、三条では、凧を「いか」と呼びます。なせ「いか」と呼ばれるようになったかは、諸説ありますが、江戸時代に三条であまりにも「凧合戦」が流行り、ケンカの種になったそうです。それで「たこ揚げ」が禁止になったそうです。それで、凧を「いか」だと言って、禁止になっても凧揚げを続けたのだそうです。それから三条では「凧」を「たこ」と言わず、「いか」と呼ぶようになったということです。

 ですから、「三条凧合戦」は「さんじょういかがっせん」と読みます。

 昨年は、東三条の五月会が優勝しました。わが町の上町組は惜しくも二位でした。今年はどこが優勝するのか楽しみですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ