2010/9/30

おとなりは大衆演劇場。  商店街

 ウチの隣は、以前は映画館でした。最盛期の昭和50年前後には、4つのスクリーンがありました。邦画、洋画、アニメ、特撮もの、なんでもやっていました。私の映画好きは、隣で培われたものです。
 でも今では、郊外型の映画館に押され、映画館としてはまったくやっていません。

 それで、現在は、一番大きいスクリーンのあった劇場を、舞台を設置し、大衆演劇場に生まれ変わりました。もうかれこれ10年以上になります。

 一つの劇団が、一日に昼夜2回、まる1ヶ月公演を行います。月が変わるとまた新しい劇団が来ます。

 昨日、夜の会合から帰ってくると、うちの前に大型トラックが止まっていて、荷物の積み込みが行なわれていました。今月の劇団が、帰る支度をしていたのです。顔見知りになった劇団員に聞くと、来月は、石川県で公演ということでした。

  
   クリックすると元のサイズで表示します

 大衆演劇の劇団は、そのように全国の小屋を渡り歩いて公演をしています。
 好きなこととは言え、大変なご商売です。

 私も時々観ますが、サービス精神が旺盛で、これは何度か観るうちにファンになってしまうのもうなずけました。
 以前の話ですが、うちによくカップ酒を買いに来る、ちょっとよれよれのおじいさんがいたのですが、舞台を観にいったら、その人は座長の父上で、舞台に出ていました。
 股旅もので殺陣のシーンがあったのですが、ビシっときまり、まるで島田正吾のようでした。いつも酒を買いにくるのとまったく別人で、とてもカッコ良かったです。さすが役者だと思いました。

 来月は、どんな劇団が来るのか楽しみです。
2

2010/9/25

赤い透明な卵??  お酒

  クリックすると元のサイズで表示します

 昨夜、友人から電話が来て、知り合いの居酒屋で飲むことに。

 友人は商品開発中で、ステンレスを究極まで磨いた容器で、酒を飲んだら美味しいかどうか、ということで試作品で飲んでみました。

 味や香りが軽くなりました。これは、一つは、容器の形状が広がっているため、香りが飛ぶせいです。味が軽く感じるのは、私見ですが、よく磨かれたステンレスは、普通のステンレスの容器にありがちな「鉄臭さ」がまったくありません。ほかの別の容器でもある容器の素材臭がないため、純粋に容器に入れた飲み物の本来の味のみになるせいかな?と思いました。分かりませんが。

 それで何を入れたら美しいかということになり、カクテルを入れてみました。

 写真は、カンパリソーダを入れたところです。すると、中に透明な球体が浮いて見えます。目の錯覚で、そう見えるのです。これは面白い!ということになりました。

 商品化には、もう一つ山を越えないとと思いますが、面白い商品ができそうです。
0

2010/9/23

たすけて〜 ケロロ軍曹‥。  

   クリックすると元のサイズで表示します

 中一の息子は、中学から剣道部に入って、帰宅はいつも午後7時ごろ。朝も朝錬があるので、午前7時には家を出ています。休みの日も部活です。今日も6時30分には家を出ました。

 半年前の小学生のころは、いつもテレビゲームやパソコンゲームを家で友達を呼んでやってばかりでしたが、今では、やる暇もないほど剣道に打ち込んでいます。まだまだ強くないですが、この頑張りはいつか実を結ぶでしょう。


 ふと、今朝息子が行ったあと、机を見ると‥。

 ケロロ軍曹のプラモが小物入れに入っていて、出られなくて、つらそうな顔をしていました(写真)。

 「最近僕と遊んでくれなくて寂しい‥」

 なんて、ケロロの声が聞こえてきそうでした。
0

2010/9/20

「パブリック・エネミーズ」  映画

 ちょっと気になっていた作品。WOWOWを待ち切れずレンタルで借りてみました。

 アメリカの大恐慌の頃の1930年代、実在の銀行強盗ジョン・デリンジャーを描いた作品で、主演をジョニーデップが演じています。創設期のFBIが、アメリカ初の「社会の敵ナンバーワン」として指名手配したことから、この題名がきています。監督は、「ラスト・オブ・モヒカン」「ヒート」「インサイダー」「マイアミ・バイス」など男臭いアクションものを得意とするマイケル・マン。

 さすがマイケル・マン監督。男の映画に仕上がっています。
 ちょっとイビツですが‥。

 実在のデリンジャーをリアルに描いているのですが、一番力が入っているのが、人間よりも、銃撃戦。
 人間の内面を掘り下げるとかはまったく興味がないようなつくり。だから、観客は話の途中から見ているような感覚。話をつかむのに観客は苦労します。それも狙いなのでしょう‥。

 拳銃と、マシンガン、ショットガンの圧倒的な破壊力とマズルフラッシュ(銃口から火花)で、とてもリアルな銃撃戦がこれでもか、と思えるぐらい出てきます。それをクールな男たち(ギャングも捜査官も)の戦いとして描いていますが、人間を描かないからあまり面白くない。全然見る側に哀愁だったり、共感だったり、それこそ感動だったりは味わわせてくれない。

 ラストに、デリンジャーを撃った捜査官が、収監中の愛人に、デリンジャーの最後の言葉を伝えに行くのですが、これがなんともクールでハードボイルド。
 これがこの映画の「売り」なんだろうなと納得するラストシーンでした。

 何度か見たくなる映画ですが、イマイチ感動がない。なんともハードボイルド。それが魅力の映画でした。

 ☆☆☆.5


 それにしても、ガンエフェクトは、最近日本も頑張っていると思いますが、本場のアメリカはまだまだ先を行っていますね。69年の映画「ワイルドバンチ」が、弾着のリアルさや壮絶な銃撃戦で、当時、度肝を抜かされましたが、日本のガンエフェクトがそのレベルに追いついたのは、私が思うに、89年の「クライムハンター」(世良公則主演)だったと思います。20年かかっている。
 「パブリック・エネミーズ」のガンエフェクトのレベルには、また20年かかりそうです。




0

2010/9/19

感動した話「さんじょう商人塾」  商店街

   クリックすると元のサイズで表示します

 私は、今、「さんじょう商人塾」という若手(?)商店主の自己研鑽をする会に入っていますが、先日の例会で、お呼びした講師の中小企業診断士の松崎香澄先生のお話に感動しました。

 先日の例会は、6月から行なった個店経営研修(それぞれのお店を講師の松崎先生が指導するもの)の最終日で、講師の松崎先生が6月〜9月までの指導のまとめを話されました。先生は現在78歳(とてもお元気です!)で、今までも何十年も商店街を中心に指導されてきたそうです。あと4年は続けたいとおっしゃっていました。
 それで、最後に言われた言葉が、「昭和30年代、40年代は、商店街には買物カゴを下げた人たちが、ごった返していた。それをもう一度見るまでは、私は死ぬわけにはいかない。是非もう一度あの頃の賑わいを皆さんとともに作りたい」とおっしゃっていました。その熱意に私は感動しました。

 先生の言葉に、私もまだまだ頑張らないと、と気持ちを新たにしました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ