2012/11/29

「鍵泥棒のメソッド」見てきました  映画

クリックすると元のサイズで表示します

 見たいと思っていたのですが、ワーナーマイカル県央でやらないようで残念とおもっていたら、2ヶ月遅れでやってきました(やらないよりいい!)

 監督脚本は、傑作「アフタースクール」の内田けんじ。
 ひょんなことから、売れない役者と殺し屋が入れ替わるコメディー的でもあるし、スリラーというかサスペンスもの的でもある、で、ハートウォームな話でもあります。

☆☆☆☆。(☆5個が満点)

 この監督(内田けんじ)の映画は、ストーリーの巧みさが目を引きますが、ちゃんとしっかり感動させるのは、根底に人間愛というか、倫理観というか、しっかりした道徳観念があるからだな、と思います。

 堺雅人は、一応主役ですが、「アフタースクール」につづいて今回も恋の橋渡し役のようなピエロ役ですが、なかなか冴えない顔がいいです。で、香川照之と広末涼子の恋がメインのような趣きです。

 今回の広末涼子はやたらいい。こんなにいい広末は初めてです。

 香川照之は相変わらずいいですし、森口瑤子がなんともいいです。それに荒川良々のやくざが恐いですし。役者がちゃんときっちり仕事をしていいアンサンブルを奏でます。

 ちょっとしたアクションも手を抜かないし、カーアクションも普通のアクションものより上手い。

 あ〜幸せな映画体験でした。

 またこの監督の新作を早くみたいですね。話の緻密さや意外性、細部のこだわりは、日本のビリーワイルダーというよりヒチコックを彷彿させます。(話がコメディ調なのでビリーワイルダーをよく引き合いに出されるようですが)

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ