2013/5/17

「図書館戦争」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

 ☆☆☆.5(☆5個で満点)。

 先日,レイトで見てきました。

 銃撃戦、アクションシーンは見応えがあり、多分日本の映画では最高レベルかと思います。この監督で「ワイルド7」をもう一度撮ってもらいたいぐらい。

 話は、売れている小説らしいですが、そのあとにアニメも制作されたとか。小説、アニメでは、信憑性が保てるのかもしれませんが、ちょっと実写だと、リアルに思えない。またいろいろの設定があるのが、初めて映画から見るほうには、よくわからない。例えば図書館側と検閲する側がそれぞれ武装しているのですが、殺傷能力の低い小口径の小銃を使ってる設定とか、それを殺傷能力のあるものを敵が使い出すとか、細かい設定がこの映画のファンでないと分からない。で、結局この映画の話自体に馴染めないなかで終ってしまいました。

 そこを目をつぶれば、けっこう良く出来た映画でした。

 岡田准一の動きは素晴しいし、それぞれ兵士の動きもいい。榮倉奈々もけっこうハマっているし、まあこの世界を受け入れることができれば楽しめる作品でしょう。

 この監督の「GANTZ」を今度見てみよう。
0

2013/5/5

「藁の盾」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

 三池崇史のまともそうなアクションものだったので期待して。
 ☆☆☆.5。(☆☆☆☆☆が満点)

 思ったよりまともな映画でした。三池崇史作品にしては。

 やはりさすがです。映画製品を作ることに関してはプロです。見せ場満載で楽しませていただきました。
 (大掛かりなシーンがかなりあり、撮影は大変だったと思います)
 シーンシーンの充実度、役者の成りきり方、いやはやさすがさすが。心配していた松嶋菜々子もちゃんとSPに見えました。けっこう良かったのが瑛太の弟の永山絢斗。

 ただ、後半になるにつれ話が小さくなり、もっと派手にやってほしい気はしました。

 この手の映画は、アクションを見せるための設定(護送する容疑者を市民から警官から誰でも狙ってくる)のようなものなので、もっとアクションシーンをこだわって数を多く入れるべきだったと思います(ハリウッドなみに)。あとは筋をいかに破綻なく繋げていくか。こちらはなんとか持ちこたえていたと思います。

 けっこう考えさせる設定もあり、私はラストでちょっと涙が出ました。ネタバレになるので書きませんが。

 大沢たかおもカッコいいし、面白かったですが、三池らしい毒がもっとあっても良かったと思います。

 カンヌはダメだと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ