2013/11/4

映画「人類資金」  映画

クリックすると元のサイズで表示します


 好きな監督のひとり、阪本順治の新作「人類資金」を見てきました。巷では駄作の評価を聞いて尚更見てみたかったのですが……………確かに。

 ☆☆★(☆5個で満点)

 結構出だしはいいんですがね。

 駄作のうわさ(?)を聞いていたんで、かなり見る目を下げて(というかあまり期待しないで)見ていました。
 大体、阪本順治は、ストーリーを分かりやすく語るタイプでなく、トッピな省略をしたりどちらかというと観客を混乱させながら、それでも映像の力で納得させるようなタイプなのが、それなりに類推しながらは見られるけれど、肝心のメリハリまでなくなってしまい気持ちがモヤモヤしたまま話が進んでゆく。で、結局なにもかもが軽く見えてしまう。

 「亡国のイージス」のときも未消化の映画でしたし、この原作者のとの相性が悪いのでは?
 変にうわっついた理想論だけが、尻切れトンボのようにフワフワしたまま終ってしまい、ラストの意味深な画面も肩すかし。

 このストーリーは、多分、最初のアイデアを出し合っての打合せが一番盛り上がったのでは?と思います。でも段々詰めて行くと話がこじんまりしてしまい妙な青臭い理想論だけがのこってしまい、どうしましょう、と監督は慌てたのでは?なんて思ってしまう。

 国連を使ったニューヨークの一連のシーンのお粗末さ。サスペンスアクション映画とするなら、一番の見せ場なのに。

 国連ビルを使った「ザ・インタープリター」を思い出しましたが、まったく雲泥の差でした。
 残念。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ