2021/4/18

「あゝ、荒野」  映画

 2017年の映画で、前編、後編あり、それも各2時間半ぐらいで、その長さに怖気付いてみていなかったけど、Netflixで途切れ、途切れに見ました。

 一言で言うなら、面白かった。

 この監督、テレビマンユニオン出身で是枝裕和と同期とか。確かに劇映画出身と違う空気があり、生活感とか匂いとか感じさせて良かった。ユースケサンタマリアがこんなにいいとは。

 あと主要の女優が脱ぎっぷりもいいけど、みんな映画的に美しい。木下あかりなんて切ないし、木村多江ってこんなに綺麗だったけ、と思った。それと菅田将暉がいい。他でも良かったけど、何もにも囚われない感じがいいよな、って思う。「息もできない」の監督、役者のヤン・イクチュンも切ないしね。

 ただ、ラストに向かって収束させようとする意図はわかるけど、それをやる必要があったのか。で、結局収束していないし。出来としては、前編の方が断然面白い。後編は、話を収束することに努力をしている感じ。うまく動いていない。それがもったいなかった。

 ボクシングシーンもリアルだったし、出来がいい。

 寺山修司の「ボクサー」がまた見てみたい。

 ☆☆☆★★★

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/4/18

「永い言い訳」  映画

 この映画は、有ったことすら忘れていた。「素晴らしき世界」を見てから、たまたまアマゾンプライムで見つけた。

 同じ西川美和監督の「喪の仕事」の話。こちらも、やたらうまい。

 「素晴らしき世界」と違って、主人公(本木雅弘)の一人称的に語られるので、映画全体が彼の心象風景にも思えて、作り込みすぎの部分があまり鼻につかない。

 ラストに至る主人公の気持ちの変化が心地いい。

 それにしても子供の扱いが上手い。

☆☆☆☆

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/4/18

「すばらしき世界」  映画

 西川美和は、上手くなったと見ながら思ったけど、この人は最初から上手かったよな、とこのあと見た「永い言い訳」を見て思い出した。

 やはりセンスは生まれながらにしてというか後天的ではなく先天的なのかな、と思ってしまう。蓮實重彦が言っていた「映画に愛された」監督なのかもしれない。(ちまたには「映画を愛している」監督ばかり、という)

 といいつつ、あまり面白くない。
 まるで落語のようによくできた話になってしまっている。しっかりオチがあり、ラストはアイロニカルにも思える題名がしっかり実感できる。でも面白くない。もっとはみ出してほしいと、思ってしまう。役所公司は生きているべきだと思う。

 貶した感じになったけど、よく出来ているし、普通に面白い。
☆☆☆★★★

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ