2009/2/21

ベンジャミン・バトン 数奇な人生  映画

 「セブン」「ファイト・クラブ」「ゾディアック」のデヴィッド・フィンチャー監督作品。

 ちょっといい映画でした。今年のアカデミー賞の最多13部門ノミネートされてます。
 あまり奇をてらうようなキャメラワークもなく、丁寧にまともに、「まともじゃない人生」をリアルに映像化しています。

 内容は、老いること、死ぬこと、生きること、時間が流れていくこと、それが人生であること。そんな普遍的なことが、時間が逆に流れる(老いから段々若くなり、最後は赤ちゃんになってしまう)主人公を通して描かれます。

 ストーリー展開の面白さで見せる映画とちょっと違います。ストーリーはあくまでも、年代を重ねることに主眼があり、その時々のエピソードが可笑しかったり、ロマンチックだったり。そのなかに、肉親の愛とか、育ての母の愛とか、恋愛とかがちりばめられて、それを重ねることにより、主人公に感情移入してゆく寸法。「フォレストガンプ」に似ていますが、あの映画は、ガンプを通してのアメリカ現代史でした。「ベンジャミン・バトン」は、年代史というより、若さと老いと時間、それに死んでゆくこと、という個人的な、だれでも起こることをテーマにしています。小さくなった5歳くらいのベンジャミンが、朝食を食べたにもかかわらず、まだ食べていないと怒る姿に、思わず泣いてしましました。年とってまた子どもに帰っていくんだな、とまさに子どもになったベンジャミンを見ながら思いました。そのように観客側が、自分の経験と照らし合わせて見てしまうのです。 

 ゆったりしたテンポでストーリーは流れていきます。最初は少しかったるい展開が、段々後半、このゆったり流れるテンポが見ている側がもっとゆっくり見ていたいという気持ちとよく合っていたように思います。

 CGがあまりリアルに老いと若さを表現してびっくりします。自然な老い方、若返り方で、ブラピの若いシーンは、「リバーランズ・スルー・イット」のころのブラピのように美しいのです。そしてそれとその時代に一緒に出る相手役のケイト・ブランシェットは、中年そのもの。若いころはしわもなくスレンダーな体形だったのが、しわがあり、腹回りやお尻の肉がたるんでいるのです!CGがこれほどリアルに自然に若がえらせたり、年を取らせたりできるのかと思いました。
 ケイト・ブランシェットの踊りも、もしかすると顔を後で合成したのかもしれません。でもまったく自然です。

 そしてこの映画の魅力の半分は、ケイト・ブランシェットだと思います。ブラピ同様、若いころから、老人になるまで、リアルに感情豊かに魅力的に演じています。

 監督賞ぐらい取るかもしれません。☆☆☆☆。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ