2010/6/5

凧パレード  商店街

      クリックすると元のサイズで表示します

 昨日は、凧パレードがありました。これは、今日から2日間行なわれる三条凧合戦の前夜祭として行なわれています。

 三条の凧の特徴は六角形をしています。この六角凧の発祥地とされています。この凧の特徴は、使わないときは、縦の骨がはずせて、丸めることができるのです。大きな凧も丸めて保管が可能なのです。

 そしてもう一つ特徴は、三条では、凧を「いか」と呼びます。なせ「いか」と呼ばれるようになったかは、諸説ありますが、江戸時代に三条であまりにも「凧合戦」が流行り、ケンカの種になったそうです。それで「たこ揚げ」が禁止になったそうです。それで、凧を「いか」だと言って、禁止になっても凧揚げを続けたのだそうです。それから三条では「凧」を「たこ」と言わず、「いか」と呼ぶようになったということです。

 ですから、「三条凧合戦」は「さんじょういかがっせん」と読みます。

 昨年は、東三条の五月会が優勝しました。わが町の上町組は惜しくも二位でした。今年はどこが優勝するのか楽しみですね。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ