2010/10/23

「時をかける少女」2010年版  映画

 ツタヤディスカスを最近利用しているのですが、、びっくりしたのは、新作(10月13日発売)の「時をかける少女」(アニメでも主役の声をやっていた仲里依紗主演の最新作)がもう届きました。恐るべし、ディスカス。止めようと思っていたのですが、続けようかと迷い中。

 で、新作「時をかける少女」。
 これは、大林版の続編的な映画で、前回の主人公芳山和子が母になって、娘のあかり(仲里依紗)が、母に代わって、1974年の深町くん(ケンソゴル)に会いに行こうとする話。

 主題歌もあのユーミンの同じ歌(いきものがかりが歌っています)で、芳山和子が、原田知世でなく、安田成美なのが残念ですが、理科室の雰囲気や音楽の使い方に大林版へのオマージュを感じさせます。それで、母の和子は大学の薬学部の研究員で、自らタイムリープの薬を作ってしまうのですが、それを使って娘がタイムリープするわけです。

 ホントは72年にいかなければ会えないのに、娘(仲里依紗)がドジって2年後の74年にタイムリープしてしまい、当然そこでは深町くんと会えず、そこで出会った映画監督志望の大学生の男と深町くん探しをするというお話。
 だから、74年の雰囲気がふんだんに出てきます。フォークソング(かぐやひめの神田川など)、映画関係ではブルースリーのポスター、車は、ケンメリのスカイラインやあのころのカローラ。電車や、駅の雰囲気もあの当時の雰囲気。よく頑張っています。私は当時中学生でしたので、なつかしく思いました。ただ残念なのは、ラジオ。出て来るラジオが安っぽい。当時は、ソニーのスカイセンサーをはじめ、各社メカニックなラジオが流行りでした。それで深夜放送を聴くのが流行っていました。おっと脱線しました。

 で、話ですが、そこそこ面白い。主演の仲里依紗が表情豊かに演じて気持ちがいいです。当然、出会った監督志望の学生と淡い恋仲になって‥。
 
 ただ、「歴史を変えてはいけない」というルールに、縛られすぎで、話に飛躍や、アッと驚くような仕掛けがなく、見る側の期待がしぼんでいくような筋はどうなんだろうと思いました。いたって普通にしか展開しない。真面目な作り手たちです。ただ、丁寧な仕事で好感が持てます。でもすこしぐらいのルール変更はあり、だと思うのですが‥。

 残念。☆☆☆。真面目すぎ。


 まあ、大林版と続けて見ると面白いかもです。そういえば、大林版で尾美としのりが演じたゴロウちゃんは、醤油屋さんでしたが、今回のゴロウ(おじさん)ちゃんは勝村政信が演じて「まちの酒屋さん」でした。 (やはりまちには「酒屋さん」が必要ですネ!)

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ