2011/11/25

「Beaujolais NouveauVS 吉乃川新酒」  お酒

 昨日は、第26回「人と酒が出会う会〜Beaujolais NouveauVS 吉乃川新酒〜」でした。参加者は12名。

 モメサンのボジョレーヌーボーは、ルビー色に透き通る見た目同様に柔らかい透明感のある新酒らしいヌーボーでした。飲みやすくて何杯でもいけそうでした。

 かたや、吉乃川新酒。ほのかな吟醸香に、新酒らしい切れのいい味で、これもまた飲み飽きしない味。これもグイグイいけそうです。

 で、皆さん一通り飲んだら、さすがにワインと日本酒、けっこう酔われたようで、かなり盛り上がりました。

 そこに、お客の星野さんからの差し入れのルレクチェが登場。これがけっこう日本酒に合います。私はルレクチェを吉乃川の新酒に浸して飲んでみました。これがなかないけます。ルレクチェの香りがまるで吟醸香のようで、まるで大吟醸を飲んでいるような味わいでした。

 結局用意した吉乃川の新酒をすべて飲みましたが、ボジョレーが少し余りました。ということは‥‥吉乃川の新酒の勝ちでしょうか??まあただ、日本酒好きが多かったせいだと思います。

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
   吉乃川新酒にルレクチェを浸したところ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ