2014/11/15

「裏切りのサーカス」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

 「誰よりも狙われた男 」が面白かったので、同じ原作者(ジョン・ル・カレ)で、WOWOWで以前録っていたのを思い出し、探して鑑賞。
 これは、面白い。

 なかなか話が入り組んでいて、なおかつ回想と現実が区別がつかなかったりと、ビデオだったんで巻き戻したりして理解できましたが、劇場だと、最低2度は見ないとわからないかもですね。そんなに難しい話ではないのですが、複雑なのですね、スパイものは。

 007のMI6(イギリスの諜報部)の話で、冷戦のまっさかりの70年代前半の話。

 結局、引退に追いやられていたゲイリーオールドマン(主役)が、復帰するまでの話というべきか。

 多分、MI6の全盛期と思われる時代のパーティのシーンがうまく使われていて、この映画に深みを与えていて、このあたりがうまいですね〜。なんともいろいろな味わいを話が進むにつれ味わわせてくれる。

 ゲイリーオールドマンが、抑えた演技で、なんともスパイの黄昏を表現していていい味です。怪演ばかりがいい演技ではないのです。

 リアル007の実態を堪能しました。

 ちなみにゲイリー・オールドマンが使う銃は、映画「007」と同じワルサーPPK。MI6御用達の銃なんですかね?それとも007に敬意を表してかな?

 ☆☆☆☆(☆5個で満点)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ