2016/6/30

「アニーホール」  映画

77年のウディ・アレンの作品

月末だっていうのに、お昼にWOWOWでやっていて、全部見てしまった・・

何度も見ているけど、出だしの語り口の鮮やかさ、というか心地よく話が進む。3〜40分ぐらいはあっという間に過ぎる。

で、フレームの使い方の鮮やかさ。画面の外から変な人が違和感なくでてきたり、過去と現在がカット割りで当たり前に進んだり。カメラに向かって話してきたり。けっこう突拍子もないことを至ってフツ〜にやってのける。

メインはダイアン・キートン。彼女との出会いと別れというより、彼女に寄り添うようにストーリーが進むのが今回よくわかった。それもとても自然体で魅力的なダイアン・キートンを。アップはけっこうシワだらけなんですが、ロングショットの彼女は、とてもチャーミングでおしゃれ。ダイアン・キートンのための映画だったんだな、と改めて思いました。彼女の歌も魅力的だし。

今見ると面白い発見がある。
劇中に出てくるポールサイモンはまるで岡村隆史のようだし、クリストファー・ウオーケンが出ていたのは前から知っていたが、今回は、ジェフ・ゴールドブラムを発見!パーティ会場のシーンで、ほんの少しセリフない役ででていた!

ゴードン・ウィリスの撮影は素晴らしいし(何気ないシーンがとても画になっている)。

ラストはけっこう感傷的だし(アニーホールとの思い出の映像が、彼女の歌をバックに流れている!こんなに感傷的だったとは!)

まあ落語のように切れのいいお話で、何度見ても面白いもんだと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ