2021/4/18

「永い言い訳」  映画

 この映画は、有ったことすら忘れていた。「素晴らしき世界」を見てから、たまたまアマゾンプライムで見つけた。

 同じ西川美和監督の「喪の仕事」の話。こちらも、やたらうまい。

 「素晴らしき世界」と違って、主人公(本木雅弘)の一人称的に語られるので、映画全体が彼の心象風景にも思えて、作り込みすぎの部分があまり鼻につかない。

 ラストに至る主人公の気持ちの変化が心地いい。

 それにしても子供の扱いが上手い。

☆☆☆☆

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ