2007/3/9

単騎、千里を走る。  映画

 チャン・イーモウ監督の一筆書きのような、シンプルで鮮やかさのある映画。
 
 ストーリーはありますが、高倉健という人物ドキュメンタリーのよう(健さんの無骨で、不器用で、曲がったことが嫌いで、実はとても暖かい人柄がそのまま映画になっている)。

 チャン・イーモウは高倉健とただ一緒に仕事がしたくってこの映画を作ったのでしょう。観客はそのおこぼれとしてその仕事の結果(映画)を見させてもらって、チャン・イーモウと同じように健さんに憧れる。

 だから、ストーリーにまったくこだわってなく、設定もある意味いいかげん。出てくる人物は、健さん以外は、素人ばかりのようです。それがいい味になることを、ちゃんとちゃん・イーモウは確信していたんでしょうね。私たちはうまく乗せられた格好です。こんなスカスカな設定、脚本でも鮮やかな感動を残す映画になっていることに驚きます。

 日本側のシーンは、それに比べ、堅くてあまり魅力がない。日本側監督は降旗康男、キャメラは木村大作。演出も堅い感じだが、映像も中国側とコントラストをつけるためか、色彩を押さえた堅い感じ。
 でも「お竜さん(藤純子)」の娘(寺島しのぶ)が健さんの息子の嫁なんて、チャン・イーモウは、本当に健さんファンなんだなと思いました。

 これを劇映画と呼べるのか?と思えますが、なかなかチャーミングな映画でした。
☆☆☆
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ