2007/3/28

一位は「〆張鶴」!  お酒

第10回「人酒会」~名酒バトル〜結果報告

    クリックすると元のサイズで表示します

 去る3月16日、当店にて第10回「人と酒が出会う会」〜名酒バトル〜と銘打って、きき酒会を行いました。(参加者8名)

 越乃寒梅白ラベル(普通酒)、〆張鶴・月(本醸造)、五十嵐川特別本醸造、緑川本醸造、真野鶴辛口本醸造の5種類、いずれも価格帯が1.8Lで2,000円前後のものを選んで飲み比べをしました。方法は、すべて常温の状態で、鑑評会のやり方を真似て銘柄名を隠して、美味しいと思った順に順番をつけていきました。ですので、先入観で選んだのではありません。それを1位=5点、、2位=4点、3位=3点、4位=2点、5位=1点と点数化し、集計した結果、
1位は〆張鶴・月でした。
2位は越乃寒梅白ラベル、3位が同点で、緑川本醸造と真野鶴辛口本醸造でした。
4位は、残念ながら地元の五十嵐川特別本醸造でした。

 ただ言えることは、どれも美味しい大変素晴しい酒で、本当に甲乙つけがたいものでした。
〆張鶴の月が一位になったのは、香り、味ともバランスの良さが万人受けしたのかもしれません。また、体調によっても左右されます。今回のは、目安程度にお考え頂ければと思います。

 私は、あまり飲んだことのない(数が少ないもので)越乃寒梅の口当たりの良さに驚きました。香りはほとんどないのですが、常温でお燗なみの口当たりの良さと甘さでないコクを感じました。さすが、だと思いました。

  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
                           チロリでお燗 

 私なりの評価を以下に載せます。
・五十嵐川特本:ヒヤで少し雑味、燗して味が出る
・寒梅白ラベル:口当たりの良さは絶品。香りがないため熱燗にするとアルコール臭が気になる。ヌル燗お勧め。
・〆張鶴月:味、香りともバランスが良い。燗してもバランス良く崩れない。
・真野鶴:ヒヤですっきりした味。ほのかな甘みを感じる。燗すると辛口が際立つ。
・緑川:淡麗だが、〆張鶴、寒梅と比較すると少々重たい。お燗するとほのかな吟醸香、味が柔らかくなる。

只今、今回同様のきき酒セットを企画中。その節は、あなたも是非きき酒をしてみてください。
                  クリックすると元のサイズで表示します
              後半は、小松酒店5代目の息子も飛び入り!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ