2007/4/20

「硫黄島からの手紙」ふたたび‥  映画

 「硫黄島からの手紙」のDVDが発売され、レンタルビデオ屋さんにも並び始めました。

 まだ「父親からの星条旗」がDVD発売されていないなかでの、先行発売(製作、公開とも「父親からー」の方が先でした)されたのは、やはり日本側から描いていて、こちらのほうが評判になったからだと思います。でも、できれば最初に「父親から星条旗」から見ていただきたいと思います。

 「父親からの星条旗」は、堂々たる傑作です。ただ一点気になるといえば、日本軍の描き方です。まったく顔の見えない恐い存在としか描いていません。どこに潜んでいるか分からない。捕まれば、捕虜にせず、惨殺する。追い詰めれば、手榴弾で自爆(自決)してしまう。まるで「戦場の悪魔」のような存在として描かれています。それは、この映画の主旨が米兵側から描かれている点で仕方のないことだと思います。戦場に駆り出された兵士にとっては誇張でなく実際もそのようにしか写らなかったと思いますので。

 ただ、監督クリントイーストウッドは、「腑に落ちない」部分があって、日本側からの「硫黄島からの手紙」を撮ることにしたのでしょう。悪魔のように思える日本兵にも、個人として人間らしい共感する部分があったはずと考えて。そして案の定というか、実際に「栗林中将」という名将がいて、そこから「硫黄島からー」が出来上がりました。

 この映画はそれぞれ独立しているけれども2本で対(つい)の映画です。
 一本目の「父親からー」を見て、残虐非道だと思えた日本兵に、二本目の「硫黄島からー」ような切ない日本兵の話に感動して涙してしまう‥。そのことによって、戦争の本質が浮かびあがります。結局は、国家間の対立により駆り出される個々人の悲劇。それは戦争の本質、この二本の映画のまさしく主題と言えます。そしてそのことは、今も続いている国際紛争についても示唆しています。

是非、初めて見る方は、「父親たちの星条旗」から見ていただきたいと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ