2008/4/23 | 投稿者: nora

事件は月曜日の夜に起こりました。

いつものようにサークルで遊ぶ小梅
この日の遊び相手は珍しくチビスヌーピー。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


チビスヌーピーと遊んでいるのを写真に撮っていたら・・・


ガジガジ ガジガジ ガジガジ



嫌な予感がして スヌーピーを取り上げると


クリックすると元のサイズで表示します


ボタンがない!!


慌てて 床に落ちていないか探しても無い!


ボタンを食べてしまった!?


今まで チビスヌーピーと遊んでもボタンには
興味を示さなかったので油断していました。

どうしよう このまま お腹の中に残って 
ご飯が食べられなくなって・・・
どうしよう どうしよう どうしよう〜〜〜

札幌にある 夜間専門の動物病院へ行こうか?と思いましたが
少し冷静になってボタンを見ると 小梅の糞と同じくらいの大きさ
とりあえず 一晩様子を見ることにしました。

火曜日の朝 小梅を見ると いつもと変わらず元気いっぱい
ペレットも牧草も食べているし糞も出ている。
ちょっと安心した母。

この日は朝から頭痛で体調が悪く ケージのお掃除も手抜きで
糞の状態を一個一個チェックは出来ませんでした。

そして今朝
ケージのトレイを出して掃除をしてると


やった!〜〜 ボタン発見!


クリックすると元のサイズで表示します

これが そのボタンです。直径7ミリ
よく出てきてくれました。



またまた 猛反省の母です。
「油断大敵」 この言葉が本当に身にしみました。
戒めとして このボタンは大切に保存しておきます。



 にほんブログ村 うさぎブログへ

いつもクリックありがとうございます
今日もポチっとね


コメントのお返事が遅れていて申し訳ありません m(_ _)m
0




AutoPage最新お知らせ