雲取山は若い紅葉

2009/9/29 | 投稿者: クロちゃん

三峰の有料駐車場で「2日分」と告げると「雲取ですか!?」のあとしっかり千円の料金を云われました。
ここの有料駐車場は1日500円です。
「トイレの向こうに置いて、貴重品は持って行ってください。」親切にアドバイスしてくれました。「ハーイ♪」素直に従います。

「どこかに登山箱があった筈だ。」登山届をポケットにキョロキョロしながら歩きます。
登山箱は鳥居のカウンター設置の場所にあります。

ポイッと投入して先に進みました。
三峰からの道は比較的ゆるやかで歩き易い道です。所々紅葉が始まっていました。私的な表現は「若い紅葉」です。


画像は雲取山頂から
クリックすると元のサイズで表示します


天気は「行楽日和」にはほど遠い曇り空ですが、かえって歩き易い気候でした。
やがて地蔵峠の登りになります。このコースで最初のキツイ登りです。
でも、そんなにキツさを感じなかったのは前もって「キツイ」というイメージを植え込んでいたからでしょう。

霧藻ヶ峰の小屋に差し掛かりました。
「あ、開いている。開いている。」でコーヒータイムとなりました。
山の仲間からの差し入れのゴーヤケーキにコーヒーの組み合わせが抜群でした。
美味しい山の水で煎れたコーヒーは美味しいです。
そして、手作りのゴーヤケーキがこれまた美味しい。テルちゃん、差し入れをありがとうございました。

すっかり満足、満喫の時間を過ごしました。
小屋のおじさんの話によると、今年の紅葉は例年より2週間ほど早いそうです。
さあ、すっかり元気も出ました。
お清平から本日の核心部である急坂を登りましょう。

「あら、そんなきつくないじゃない。」大したことないわよと涼しい顔です。
「もう、急坂が終わっちゃったの〜。」全然平気と力強い顔です。
こうして、前白岩を越えると少し楽な道になります。

クリックすると元のサイズで表示します


長くなるので一旦区切ります。m(__)m


シラヒゲソウとダイモンジソウが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0
タグ: 雲取山



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ