至仏山の山行考えて……。

2006/8/28 | 投稿者: クロちゃん

今、百名山「至仏山」へのプランを考えている。もちろん、日帰り山行だ。
秩父から戸倉の駐車場まで約3時間。ここからバスまたはタクシー(どちらも片道900円)を30分乗って登山口の鳩待峠に着く。待ち時間を入れて考えると、秩父発が朝4時として、登山開始が8時頃だろう。

さて、問題はその後だ。至仏山への一般的、普通の人のコースタイムは2時間30分。休憩を入れて3時間見るべきだ。そうすると、山頂到着は11時か……。
昼食休憩1時間で12時に出発。さあ、ここから二者択一問題です。
悩んで下さい。考えてくださーい。これで、貴方は眠れなくなる。

Aコースとして考えているのが、山ノ鼻に降りるコース。山ノ鼻まで普通の人で2時間10分。どう見ても普通まで到達していない当会メンバーの力量からすると最低2時間半はかかるだろう。山ノ鼻に到着14時30分。

ここで、たぶん、「ノド乾いた〜。」とか、「お腹空いた〜。」とか、「景色が綺麗ね〜。」とか、トイレタイムも入れて30分はかかるだろうな。そうすると山ノ鼻出発が15時頃になる。だいぶ疲れも出てきているので、鳩待峠までのコースタイム1時間10分は1時間30分見ないといけない。鳩待峠着16時30分。

ここで、たぶん、「おみやげ〜。」「ソフトクリーム〜。」「ビール飲む〜。」となって、バスの待ち時間と合わせて出発は17時頃になるだろう。
戸倉に戻るのが17時30分。途中、温泉に寄って18時30分。疲れを見せない当会メンバーは元気に「腹減ったぞ〜。」と言って、夕食時間30分。秩父に着くのは夜10時頃になってしまう。
いかに強者揃いの当メンバー達でも、朝4時から夜10時までなんて遊び過ぎだ。しかし、恐るべきパワーを秘めた面々は平然とこなすだろうな……。

Bコースを考える。山頂から山ノ鼻に降りないで、鳩待峠〜至仏山往復。通常コースタイム4時間10分。休憩して遊んでも5時間が考えられる。昼食時間を入れて6時間。
8時に歩き始めれば、鳩待峠に14時に戻ってくる計算だ。14時30分頃バスに乗れば戸倉着15時。温泉入って16時。秩父着19時(夜7時)前だ。
帰りを心配している家族も安心するだろう。
え、下山祝いで家に帰るのはやっぱり10時過ぎだって……。それは各自、自己責任でお願いします。

Aコース……「鳩待峠〜至仏山〜山ノ鼻〜鳩待峠」の周回おもいっきり遊ぼうプラン
Bコース……「鳩待峠〜至仏山 往復」の地道に行こうねプラン

Aコース、Bコース、どちらがよろしいでしょう?
ご意見お寄せください。お待ちしています。(締め切りは8月31日です。)

クリックすると元のサイズで表示します
Cコースがありましたら、教えてくださいネ。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ