2006/5/10 | 投稿者: クロちゃん

注)これは「知って損はない話」であって「知って得する話」ではありません。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します

秩父市大滝地区にある日帰り温泉の大滝温泉「ゆうゆ館」は休日ともなれば大変混雑する。特に一階脱衣所はお世辞にも広いとは言えず、隣の人と触れ合って脱着する状態にある。(雑然としていてあまり気持ちの良い場所ではない。)

そこで、お勧めなのが地下にある脱衣所だ。この脱衣所には、玄関入口から左側の階段を降りる。1階の脱衣所に比べて広く、その割には利用者が少ない。みんな1階の脱衣所に向かうからだ。

GWの大洞川釣行の帰りに立ち寄ったが、さすがにGW最中とあって駐車場は満杯状態であった。車の駐車スペースを賢く見つけ出し、入浴券を購入すると迷わず地下の脱衣所に直行した。案の定、誰も利用していない。独占してゆったりと利用することができた。

風呂に関しては、地下は岩風呂となっているが湯舟が狭い。そのまま、1階の檜風呂に続く階段を上がろう。1階の檜風呂は広くて快適だ。
檜風呂で身体を洗って湯舟にゆっくりつかったら地下の岩風呂に降りる。また違った雰囲気が楽しめる。風呂の温度も幾分違うようだ。

地下の脱衣所は熱くなった身体を冷ますのにも快適だ。室内の温度はちょうどよく、扇風機も独占できる。
時々現れる入浴客が「ここは何があるんだろう?」という顔で興味深そうに覗き込むが、この脱衣所にいる私を見て羨ましそうな顔をする。

1階の雑然としている脱衣所に比べれば、正にここは貸切状態で悠悠自適の殿様気分の空間なんだ。
これでも、料金は一緒なんだから、知っていて損はないと思うぞ。

今度、ためしてみてはいかがだろう?
ただし、平日の空いている時には効果は期待できません。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ