2006/5/26 | 投稿者: クロちゃん

そう言えば、このブログで自分のことについて、あまり紹介していなかったなぁ……。
少しだけ触れておこう。

生まれ 戦後の1950年代に秩父地方の山の中で産声をあげる。
血液型 どこから見ても神経質で目が点になっているA型。(ホンとかな〜。)
性 格 慎重かつ大胆にして大雑把な面を持ち、明朗で楽天的ながら落ち込みやすい。(何のこっちゃ?)

執着心 1つのことに、とことんこだわり追求していく反面飽きっぽい。
身長、体重 172cm 70kgを下回ることが目標。(まだ、超えている。)

テレビゲームとの出会い
その昔、喫茶店に置いてあったインベーダーゲームにハマる。指にゲームダコができるくらいやり込んだ。ついには100円で数10分間ゲームが続くような腕前になる(エヘン!)

次にハマったのが、ファミコンの「マリオブラザース」だった。クリアの挑戦を続けて熱中した。当時、結婚して間もなくの時期であって、女房に「私とファミコンどっちが大事なの?」と問い詰められ、「ファミコン……。」と応えたら、ファミコン機器を外に放り投げられてしまった。

更に、「ドラクエ」「信長の野望」のシリーズものは全て買い、クリアすることに情熱を傾けた。おかげで寝不足の日々が続く。
そして、最もハマったのが「ダビスタ」であっただろう。現実の競馬は全く知らなかったが、とにかく熱中した。自分の愛馬が死ぬと涙まで流す始末だった。

一番、テレビゲームで困ったのが、「マリオカート」だ。これは好きでやったのではない。当時、幼稚園児の息子がやっていた。女房から、「子供が裏面に行きたいのに、どうしても行けないからお父さんやってあげて」と無謀な注文をつけられたのだった。
何度も挑戦を試みて、ようやく裏面のレインボーコースを出現させて、それっきり止めた。何故か、その時には息子も飽きていたようであまり喜ばなかった。

そんなオタク族のオジンが山と渓を目指した。
渓流釣りは平成2年から本格的に始めた。シーズン中は毎週出掛けた。道具も次から次へと買った。渓流釣りが楽しくて、面白くてどうしようもない時期だった。

そうして数年間が過ぎる。
渓流釣りの中に少なからず戸惑いを感じている頃だった。
「山はいいよー。景色は良いし、健康にもいいよ。」と誘ってくれたのが今の会長であった。(実際は私を誘ったのではなくキイくんです。私は、“ついで”です。)

渓流釣りの帰り、どういう訳か日帰り温泉で良く会長に出会った。その度に誘われていた。最初は「渓流釣りがあるから……。」と頑なに断ってはいたが、いつしか心は山に魅かれていた。渓流釣りという世界にいささか疑問と戸惑いを感じていた頃だったのも手伝って、山の世界に飛び込んだ。

山の会に入る前も、個人的に何度かは山に登っていた。楽しい思い出があった。木曽駒、立山、金峰などにも登っていた。それは年1回程度のものだった。

山の会に入った当初は月2回も山に登れるという現実に喜びを感じた。
それから、渓流釣りの在り方を見つめ直すよい機会ともなった。数釣りの欲望から先行者争いを演じていた自分が馬鹿らしくなってきたのだった。
「そうだ。楽しみに行けば良いんだ。」この頃から私の考えは変わった。「渓流釣り」から「山釣り」に変貌していくのだった。自然と向かい合い、喜怒哀楽を感じる今日この頃である。

さあ、週末出かけるぞ!!
0




AutoPage最新お知らせ