2006/5/31 | 投稿者: クロちゃん

おひまち


5月5日は子供の日。私が少年時代に育った山間の集落では、公会堂に子供達が集まり「おひまち」があった。小学生が歌を唄い、寸劇をした。見物客は近所のお年寄りと小学校に入る前の子供に小学校を卒業したOBだった。全部合わせても10数人だった。

母親達は昼食用のいなり寿司を作っていた。各家に持ち帰る分も含めてたくさん作った。のり巻の寿司も作った。大鍋で味噌汁も作った。
今思うと、とても素朴な味だが、みんなで食べる昼食はとても美味しかった。

高学年のお姉さんが「あーおい目をしたおにんぎょは〜 」と合唱した。とても上手に聞こえた。意味など分からなかったが、とても綺麗な、ちょっと悲しいような唄に思えた。
今もこの歌が心に残っている。
クリックすると元のサイズで表示します


ある年、子供たちだけで夕食にカレーを作ることになった。各自分担して、食材を持ち寄った。
「うんと辛いカレーにすべぇや。」
リーダー格の上級生が言った。
当時、集まった公会堂には囲炉裏があった。囲炉裏に火を起こし、鍋を吊るしたのだったが、ここでもリーダー格の上級生は馴れた手つきで手際が良かった。
「なかなか固まらねぇな。もっとカレー入れべぇ。」
カレー材料に比べて水が多いのだ。
やがて、自分達で作ったカレーが出来上がった。
「ウェ、辛い。けど、うめぇなー。」
正直、火が出るほど辛かった。私は一口食べた途端、汗が噴き出した。辛いがみんなで食べるカレーライスは旨かった。
「○○ちゃん、何でそんなに汗掻いてるんでー。」
汗を流しながらカレーを食べる私を見てみんなが笑った。
クリックすると元のサイズで表示します


私は辛い刺激物を食べるとすぐ汗が出る体質らしい。私の記憶に残る、汗を掻きながら食べた最初の体験だった。

「おひまち」は懐かしい思い出である。
今もスーパーで、いなり寿司とのり巻を買って口に運ぶと当時のことが偲ばれるが、その時の味とはだいぶ違うような気がする。あの頃のいなり寿司とのり巻を食べてみたいものだ。
1




AutoPage最新お知らせ