2006/8/30 | 投稿者: クロちゃん

 この夏は暑かった。蒸し暑い夜が続いた。 
我家には、古いながらも一応エアコンがある。それも2部屋に入れてある。
しかし……。
この夏、エアコンのスイッチを入れたのは3日間かな……。
それも1台のみ……。もう1台がある部屋のエアコンは、かれこれ10年くらいスイッチを入れたことがない。

暑い夏なのに、何故って?
聞いてください。エアコンは聞くも涙の家族騒動の始まりなのです。

まず、汗かき、暑がり、太り気味の私の主張はこうだ。
「せっかく、エアコン設置しているのに使わないのはもったいない。暑いのを我慢するより快適に過ごしたい!」
すると、痩せ気味、寒がりの我女房はこう反論する。
電気代がもったいない!窓を開ければ外の風の方が気持ち良い。エアコン入れると冷える。寒い…。」
エアコン買って使わないのはもったいないという意見と使うと電気代がもったいないという意見と真っ向対立です。

この2人の主張を見ている子供らは何も言わない。黙って、扇風機のスイッチを入れている。何となく女房の肩を持っているように見える。
私に味方する者は誰もなく、すごすごと退くのはいつも私だ。

確かに、私の家は郊外で、ほんの近くに川があり、川からのひんやりと涼しい風を運んでくれる。熱帯夜と言われる夜も、朝方は寒くて目が覚める日が続いた。
でも、昼間は「すうっ、ごく」暑いのです。家の外の方が涼しいくらいだ。

この夏、エアコンにスイッチを入れたのは、女房が出かけて留守の延べ3日間、つかの間の時間だった。


やがて、冬が来ます。我家の暖房の一つ、ファンヒーターの設定温度は16度。この設定温度は朝です。昼間は稼動しません。夜は電気炬燵のみです。
我家の冬の朝の外気温はマイナス7度にもなるのですよ。
早起きの私が、凄く寒い冬の朝に、設定温度を20度にすることがあります。後から起きてきた女房は鬼の形相で「暑い!もったいない!」と凄い剣幕です。

まあ、お蔭で抵抗力が身について健康に生きていますが……。
0

2006/8/28 | 投稿者: クロちゃん

今、百名山「至仏山」へのプランを考えている。もちろん、日帰り山行だ。
秩父から戸倉の駐車場まで約3時間。ここからバスまたはタクシー(どちらも片道900円)を30分乗って登山口の鳩待峠に着く。待ち時間を入れて考えると、秩父発が朝4時として、登山開始が8時頃だろう。

さて、問題はその後だ。至仏山への一般的、普通の人のコースタイムは2時間30分。休憩を入れて3時間見るべきだ。そうすると、山頂到着は11時か……。
昼食休憩1時間で12時に出発。さあ、ここから二者択一問題です。
悩んで下さい。考えてくださーい。これで、貴方は眠れなくなる。

Aコースとして考えているのが、山ノ鼻に降りるコース。山ノ鼻まで普通の人で2時間10分。どう見ても普通まで到達していない当会メンバーの力量からすると最低2時間半はかかるだろう。山ノ鼻に到着14時30分。

ここで、たぶん、「ノド乾いた〜。」とか、「お腹空いた〜。」とか、「景色が綺麗ね〜。」とか、トイレタイムも入れて30分はかかるだろうな。そうすると山ノ鼻出発が15時頃になる。だいぶ疲れも出てきているので、鳩待峠までのコースタイム1時間10分は1時間30分見ないといけない。鳩待峠着16時30分。

ここで、たぶん、「おみやげ〜。」「ソフトクリーム〜。」「ビール飲む〜。」となって、バスの待ち時間と合わせて出発は17時頃になるだろう。
戸倉に戻るのが17時30分。途中、温泉に寄って18時30分。疲れを見せない当会メンバーは元気に「腹減ったぞ〜。」と言って、夕食時間30分。秩父に着くのは夜10時頃になってしまう。
いかに強者揃いの当メンバー達でも、朝4時から夜10時までなんて遊び過ぎだ。しかし、恐るべきパワーを秘めた面々は平然とこなすだろうな……。

Bコースを考える。山頂から山ノ鼻に降りないで、鳩待峠〜至仏山往復。通常コースタイム4時間10分。休憩して遊んでも5時間が考えられる。昼食時間を入れて6時間。
8時に歩き始めれば、鳩待峠に14時に戻ってくる計算だ。14時30分頃バスに乗れば戸倉着15時。温泉入って16時。秩父着19時(夜7時)前だ。
帰りを心配している家族も安心するだろう。
え、下山祝いで家に帰るのはやっぱり10時過ぎだって……。それは各自、自己責任でお願いします。

Aコース……「鳩待峠〜至仏山〜山ノ鼻〜鳩待峠」の周回おもいっきり遊ぼうプラン
Bコース……「鳩待峠〜至仏山 往復」の地道に行こうねプラン

Aコース、Bコース、どちらがよろしいでしょう?
ご意見お寄せください。お待ちしています。(締め切りは8月31日です。)

クリックすると元のサイズで表示します
Cコースがありましたら、教えてくださいネ。
0

2006/8/27 | 投稿者: クロちゃん

夢の幕営地は無惨に変わり果て、頼りの残地ロープは消えて遡行を阻む。
過去、裏切ったことのないこの渓は、突然その姿を変えた。
私たちにはもう、虚しく笑うことしか残されていなかった。アハハ……。

其の一
私のデジカメが再び操作不能となる。……気落ち、落胆、失望。

其の二
キイくんのデジカメが突然故障する。……ショックは大きい。

其の三
川虫不在。釣果なし。薮蚊の猛攻。……夢無惨。空いた口が塞がらない。薮蚊には閉口。

其の四
ザック他、色々と壊れる。……唖然。呆然。

其の五
バッテリー?、突き漁法。……疑問。疑惑。

詳細はHP「しおじ山の会・渓流釣り」のページをご覧ください。
私は寝ます。(-_-)zzz
0




AutoPage最新お知らせ