2006/8/16 | 投稿者: クロちゃん

 今回のキャンプは、私らしく都会的センスで椅子・テーブルを用意して人里離れた山のキャンプを満喫した。そうです。私はそんな都会的な振る舞いもできるのです。

椅子・テーブルの良いところは、明るく清潔感があり、行動的に動き回ることができるところです。しかし、どうも落ち着かないな〜。
もちろん、徒歩で行く渓には持ち込めません。車で行けるところに限ります。
オートキャンプ場は設備も整っていて快適でしょう。私は人が集まる賑やかな場所は好まないので行きませんが……。
キャンプは野趣あふれる自然の中が最適です。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、キャンプでも銀マット敷いてドカッと座り、飲んでみるのも良いですな。酔って眠くなったらゴロリを決め込む。座ると動くのが嫌になり落ち着いてじっくり飲めます。ただし、事前に食事の準備をしてからですよ。準備して座ったら、トイレ以外は立ち上がらない。
昼間はアブが遊びに来ます。暗くなるにつれて、今度は蚊やブヨが近付いてきます。
そのうち、月が出て、星が出て、暗闇の中で何かの気配がして、光る目が浮かんだりして……。ジーッと見つめる光る目。もしや日本オオカミか?なんて……。
最高ですな。

そうして、夜が更けて行きます。いつの間にか眠ってしまっても、夜中に目が覚めたら宴会です。誰にも気兼ねは要りません。こんな山奥にキャンプする人もいませんし、近くに家もありません。
酔ったら、大声で歌を唄いましょう。下手でもなんでも良いのです。歌が旨いなんて誰も期待していませんから……。
それから「ワハハ、アハハ」で盛り上がりましょう。こんな非日常的な世界はそう経験できるものではありませんよ。

クリックすると元のサイズで表示します
暗闇の中で、、、人間だけ消してみました。(^<^)

朝は早起きしましょう。せっかくの休日です。こんな素敵な場所で寝ていてはもったいない。「明るくなったら起きる。」「起きたら飲む。」これが、私のキャンプライフの真髄です。

「ほら、朝だよ。皆起きてね〜。飲もうぜ〜。」
「うるさい!」(~o~)
「眠い……。」(-_-)zzz
「早すぎ……、る……。」(-_-;)

ほら、誰も文句言う人いないでしょう。(^o^)丿
0




AutoPage最新お知らせ