2006/11/1 | 投稿者: クロちゃん

秩父市内で、私がたまに利用する肉屋さんがある。踏切近くの小さなお店だ。
買物に行くと、外に流れ出す白い煙り。美味しそうな焼きとりの匂いがたまらない。
自然に焼きとりに目が行く。

種類によってだが、1本68円、78円……。安い!
更に10本買うと、1本サービスと書いてある。
迷わず、1本68円の焼きとりを10本注文した。表示どおり、渡してくれる焼きとりは11本です。680円で焼きとり11本、1本あたり……。えーと……。うーむ………。とにかく安い!!
そして、旨いのです。本物の焼きとりと見た!!私好みの味です。懐かしい焼きとりの味なのです。やっぱり、タレが違うのかなあと感心してしまいます。
「安いの、早いの、旨いんの!!」の三拍子が揃っています。とても得した気分になれます。

気を良くして豚バラ肉を買う。この肉も豪快に切ってある。スーパーでパック詰の肉とは比べものにならない大きさだ。旨そう。
ラムは1キロ1,260円、これも買っちゃえ!

私はふと思いついた。今度、ワンカップ片手に焼きとり買いに行って、お店の前で情緒を味わおうかな。
いや、これはお店の人に白い目で見られそうだ。止めておこう。
そうだ、秩父駅前の“ばりんち”に持ち込んで「これ、旨そうでしょ!」なんて言いながら酒を飲むか……。
これも、すぐさま追い出されて、以後“出入り禁止令”が発令しそうだな。
仕方ない、家で飲みながら味わうとしますか。
0




AutoPage最新お知らせ