2006/11/15 | 投稿者: クロちゃん

 ほったらかし温泉、恵林寺とそれぞれの楽しみを味わい辿り着いたのが“市営 窪平温泉花かげの湯”でした。
入館したのが午前10時30分でしたから、開場から30分後です。
こんな早い時間から?と思ったのですが、休憩室の広間にはすでに先客のお年寄り達がお茶のみ話をしていました。

ここの施設は持ち込みOKなので、地元のお年寄りの方の憩いの場となっているようです。皆さん、お手製のオカズを持ち寄って楽しそうに会話をしています。
気軽に集まれる本当に良い場所なのですね。

私の住む地域では病院が憩いの広場の一役をかっているようです。
以前、こんな会話を聞いたことがあります。
「今日は○○さんの姿が見えねぇなぁ。」
すると看護婦(今は看護士か)さんが「○○さんは風邪でもひいたんじゃないの。」だって……。
病院に来れるのは元気な方で、風邪をひくと病院に来れないようです。
更に……。
「自分の番だが、わしゃ、まだ話をしていたいから次の若い人、先にどうぞ。」
病院はお年寄りの憩いの場なんだなと思いました。もう、10年以上病院に行ったことのない私は現在の状況がどうなのかは知りません。

そんな意味もあって、此処の温泉は本当に良い施設と思います。何の気兼ねもなく同世代の方たちが語らいあえる良き空間と感じました。
私たちも山で食べる筈だったオカズ類とビールを持ち込みました。この広間はカラオケがないのも、また良いです。ゆっくりと時間を過ごすのに適した施設です。
朝早い出発と湯疲れに満腹感が重なって、いつの間にか寝入ってしまいました。

施設は熱めの内風呂にサウナと温めの露天風呂があります。
ちょっと残念と感じたのが塩素臭です。これは仕方ないことなのでしょうが、どうもプールに入っているような気分でいただけません。

それを除けば、料金も良心的で従業員の明るい対応、何より雑踏とした雰囲気がないところがとても気に入っています。
機会があったら、フリー券で1日中のんびりしていたいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ