2006/11/17 | 投稿者: クロちゃん

金峰山に行くのは明日が5回目です。でも、こんな寒い時期は初めてです。きっと素晴らしい出会いが待っていることでしょう!

初めて登ったのは、夏休みに長野県の金峰山荘からでした。子供を連れて登りました。途中で一生懸命水晶のカケラを拾う子供達に、疲れを感じない山行でした。
金峰の山小屋からの登りが結構きつかった。

2度目は6月、大弛峠から遠くに雷鳴の響く中を歩きました。“キバナシャクナゲ”が綺麗に咲いていました。帰路に辿った御室小屋への破線のコース。変化のある楽しいコースでした。

3度目は11月初旬に大弛峠から往復でした。天気がイマイチだったような気がします。これと言った記憶がありません。でも、確かに行きました。

4度目はやはり金峰山荘から登り、翌日大日岩から小川山のコースを辿り、廻り目平へと降りてきました。雨で蒸し暑い中の山行でした。ロングコースで達成感を味わいました。

さて、今回はどんなドラマが待っているのか……。
楽しみです。
朝早いから、早く寝よう。寝よう。ダメだ眠れない!
子供の頃の遠足の前夜のようです。
Zzz……。(-。-)y-゜゜゜
0

2006/11/17 | 投稿者: クロちゃん

“渡る世間に鬼はない”この「ことわざ」ご存知ですか?
現在は“渡る世間は鬼ばかり”の方が有名になってしまっていますね。
そうです。TBSの橋田寿賀子ドラマがすっかり根付いてしまっているのです。

“渡る世間に鬼はない”とは、世間には鬼のような冷たい人ばかりではなく、人情に厚い人もいるという意です。

毎日のように“イジメ”、“幼児虐待”、“振り込め詐欺”などなど、“鬼ばかり”が報道されていますが、世の中は“鬼ばかり”なのか“鬼はない”なのか……。
こんな世の中だからこそ、数多くの“渡る世間に鬼はない”に触れてみたいですね。
山国秩父には、そんな情が残っている地域がたくさんあると思っていますが……。

渡る世間は鬼ばかり、そう言うあなたは鬼の顔。

優しい笑顔で鬼退治!

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ