2006/12/10 | 投稿者: クロちゃん

「忘年会」とは年を忘れる会と書きます。
「物忘」とは物事を忘れることです。
「物忘年会」とは年を忘れ物事を忘れるという意味です。

「しおじ山の会」の忘年会は只の忘年会ではありませんでした。
楽しい危ない「物忘年会」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

それは嵐のような賑やかな宴の翌朝でした。
ふと、目覚めると、どうにか布団に治まって寝ている自分がそこにいました。
どうやって、ここへ辿りついたのか思い出せません。
『ええ…と、大事なセカンドバックはどこだ?』
一番初めに気になる持ち物をチェックです。
『おお、ちゃんと置いてある。さすがに私は偉い。酔っていても、忘れず持ってきたな。』
と、自我自賛しました。

隣で寝ていた○○さんが起きました。
「あれー、浴衣どこで脱いだのかな〜?」と、下着姿で言っています。
「夕べは、たぶん着ていましたよ〜。」
「どこにも見当たらないんだよなぁ……。」
○○さんはどこで浴衣を脱いだのか、夕べの行動とともに忘れているようです。
部屋の中には見当たりません。不思議ですね〜。
○×△?危ない兆候…。

私はバックから携帯電話を取り出そうとして「あれ?ない……。」
昨日、確かメールで使ったのが最後だったような気がしましたが思い出せません。
そのうち見つかるだろう、誰かに私の携帯にかけてもらえば音で分かるなと楽天的ではありました。
○×△?危ない兆候…。

みんなでロビーでモーニングコーヒーを飲んでいたときです。
××さんは、「あら、私コーヒー飲んだかしら?」と言っています。ここのコーヒーはセルフです。「あっ、入れてなかったんだ〜。」と気付いて笑っています。
○×△?危ない兆候…。

サイフの探し物もありました。無事発見されましたが、他に、先に帰った人の忘れ物も発見されました。
HP掲示板に「大変だ!誰かの足が忘れられている。」と騒いだ足がまたも忘れられていました。それと、円盤の忘れ物です。
○×△?危ない兆候…。

危ない、危ない、もう帰りましょう。玄関で「お世話になりましたー。」と靴を履いていると、△△さんが「私の靴がない!」と蒼ざめています。
靴は下駄箱の中ではなく、植木鉢を置く段に飾られておりました。
気付いて「アハハ……。」と笑っています。最初から置く場所を間違えていたようです。
○×△?危ない兆候…。

みんな、無事家に帰ったかな?
とっても心配です。

あっ、私の携帯も無事見つかりました。
0




AutoPage最新お知らせ