2007/3/10 | 投稿者: クロちゃん

保険料払込みの案内に付いてくる振込用紙は何故か郵便局のものが多い。
昼休み、サッサと弁当の昼飯を済ませた俺は、保険料払込みのために某郵便局に行った。駐車場は相当混んでいた。この時、嫌な予感が過(よ)ぎった。

郵便局の中は予想通り大勢の人が待っていた。受付の番号をとると“91番”だった。時刻は12時20分です。
70番、71番、72番と順調に窓口に呼ばれるアナウンスが流れた。よし、よし…。
ところが、そこで止まった。
5分過ぎても次の番号がアナウンスされない。隣に座っているおばさんが「ハァ〜。」とため息をついている。
10分以上経過して、ようやく「大変お待たせしました。73番の番号をお持ちの方、3番の窓口へお越しください。」とアナウンスが流れた。

昼休み時間なのか、受付窓口は2箇所だけで、他の窓口は閉まっている。郵便窓口は別にあり、来る方が少ないようで空いていた。
長期戦の様相だ。俺は時間ぎりぎり間に合うかなと時計を気にし始めた。時刻は12時40分です。
近くの若い男性はしびれを切らしたのか、外に出てタバコを吸って戻ってきた。それも2回席を立つ姿があった。相当イライラしているな。

斜め前のおばさんは、手に持った紙を小刻みに震わせている。横のおじさんは、貧乏ゆすりだ。
そうして、皆無口で窓口を見つめていた。

後から入ってきた人が、窓口で何かを聞いている。その人はATMコーナーへと誘導されていった。「おらぁ、やったことねぇから…。」とブツブツ言いながら歩いて行った。

「……!!」もしかすると…。
俺は恐る恐る尋ねた。
「この振込用紙の振込みも機械でできますか?」
すると、
「大丈夫だと思います。」の返事。
「あの、初めてなんで……。」と言うと親切に操作方法を教えてくれた。

振込用紙そのものが機械にスーッと入っていって、何度か確認ボタンを押して、現金入れたら出来ちゃいました。手数料も60円だってさ。安い!
振込用紙でATMから振込み出来るなんて知らなかった。今までの30分間の待ち時間は無駄な時間であった。

おっと、12時55分だ。急いで帰らないとな……。
0




AutoPage最新お知らせ