2007/3/12 | 投稿者: クロちゃん

朝から雨の日は少し憂鬱(ゆううつ)だ。
しかも、今日は山歩きの予定日だった。
雨の日曜日はゆっくり温泉にでも入っていたい。
そんな気持ちが過(よ)ぎった。

集合場所に揃ったメンバーは5人。
「俺、雨の山歩き初めてだ。楽しみだな〜。」
「雨の日も好いよね〜。」
みんなニコニコ顔だ。強い!
まるで雨を楽しむかのようなメンバー達だった。

「両神方面の山はやっぱり鬼門だな。早く温泉入ろうっと。」
これが俺の本心であった。

そんな雨の期待を込めたメンバーを乗せた車が登山口に着く頃には雨は止んでいた。
「やっぱり、当会は雨に嫌われている!ウッホーイ(^o^)/」

天気は急速に回復した。
強風の風が強い?中、四阿屋山を目指した。
「ゴーゴー」と風の音が聞こえる。

核心部の鎖場、人気のハイキングコースはハイカーがいっぱいで、長蛇の列となった。
うんざりするくらいの人、人、人。
俺は喧騒とした場所は嫌いだ。
やっぱり両神方面の山は鬼門なのかな。

両神神社奥社から山頂往復に1時間もの時間を費やした。
戻って来た時は、正直ホッと胸を撫で下ろしたぜ。

「今日は人数少ないから、1人当たりの分量が多いね。」(^<^)
「あせらないで、ゆっくりやろうよ。」
昼飯時だけは風もなく穏やかな春の日差しの中だった。

さて、温泉入って帰ろう。
再び、音をたてて風が吹き始めた。

雨と風にさらわれた青空に、奥秩父の山々と武甲山がとても綺麗に見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ