2007/3/21 | 投稿者: クロちゃん

今年は暖冬の影響で2月末頃から開花の情報が飛び込んだ。
すでに3月18日にと参加を募っていた俺は正直焦った。
約3週もの間がある。
そうして、3月初旬に聞いた満開情報に、ますます焦りに拍車をかけた。
まだ、2週間も先に満開状態は続いているだろうか。
例年は彼岸から4月上旬に見頃となる。
いかにしても今年は早過ぎる。
そういえば、1週間前にして四阿屋山の花も終わりに近かった。
苛立つ日々が続いた。

こうして、気持ちの晴れないまま当日の朝を迎えた。
「もう、葉っぱかも知れませんよ。」
集まった参加メンバーに、大きな期待を抱かせてはならないと開口一番釈明した。
正直、みんなの笑顔が心苦しかった。

天候はこれ以上ない晴天、寒風が吹く中をゾロゾロと目的地に向かった。参加メンバーは8人。福寿草観察会には手頃の人数であった。
途中で、後ろから来た2人組が追い越して行った。
目的は分かっている。分かっているが、真実がどうかを恐くて聞けない。
そんな心境で石ゴロゴロの急な沢沿いのコースを登った。

目的地に近づく頃、前方に緑色の斜面が見えた。
「ああ、やっぱりもう葉だけになってしまったか…。」
この時の俺の落胆ぶりといったら、鶴ケ城の切腹に匹敵する。

近づけば、倒木に生えた苔だった。
「ふぅ〜。」とため息が出た。
そして、その先を見上げれば“黄色のじゅうたん”に数人の人影が確認できた。
「よかった〜。まだ待っててくれたんだ!」
顔では表情を変えないようにして、心の中は安堵と喜びで一杯だった。

下山してくる初老の人が、聞こえよがしに言った。
「こんなに人が来るんじゃ、(荒れてしまって)もう2〜3年しかもたねぇな。」
(そういう貴方もその中の一人でしょ。)と思ったが、もちろん口には出さない。
しかし、一部頷(うなず)けなくもない。
花園は次から次へと登ってくる登山者で埋め尽くされて、俺たちは、弾(はじ)き出されるように昼食場所に選定した処に移動した。

もう、「秘密の花園」は秘密じゃない。
雑誌に紹介されて、口伝えで広まった観光地に変貌しようとしている。
せめて、心無い人が入り込んで滅亡しないことを心から祈ってその場を後にした。
俺も、今回を最後にもう足を運ぶまいと心に誓った。
心の奥にそっと仕舞い込もう。

クリックすると元のサイズで表示します

注)ここでは、場所・コースなどは一切公開しません。それは危険が伴うことを理由にしておきます。
0




AutoPage最新お知らせ