2007/3/31 | 投稿者: クロちゃん

3月30日の朝、秩父地方に雷が鳴った。
久しぶりの本降りの雨だ。
「降れ〜。降れ〜。もっと降れ〜。」

この雨で渓の底に着いた苔を洗い流して欲しい。
春の雨に、岩魚達も喜び勇んで出てくるに違いない。
恵の雨だ〜。(^o^)/

春の雨は渓を潤(うるお)し環境を変化させる。
場所と環境で勝負する俺の出番だ。

でも、久しぶりの雨に芽吹き前の樹木が吸い上げてしまって効果ないかな?
と、心配を他所にすぐ止んでしまった。
「あ〜あ。」
効果なし。だめだな、これじゃ……。


雷が鳴ったあの日……。
朝の雷を伴って激しい雨の中、隧道で雨宿りして爆釣した日は昔日の想い出だ。
昔日の尺落としの日だったな。目の前で糸が切れて、跳ねて水の中にサヨナラしちまった。

よし!出掛けよう……。
0




AutoPage最新お知らせ