2007/5/4 | 投稿者: クロちゃん

俺の渓行きの10年以上共にしてきた大型タープがついにその役目を終えようとしている。
渓の雨露から守ってくれた数々の思い出を残して静かに幕を閉じた。
愛しい友よ、俺はお前の勇姿を忘れない。
台風のような凄まじい風にもひきさかれず、暑い夏の太陽の熱射攻撃に耐えて、もちろん雨から守ってくれた。時間の流れにいつの間にか劣化が進んでいたんだな。
お前の最後の活躍の日、ひきさかれそうになりながら強い雨と風から、まるで悲鳴をあげているかのようだった。タープよ さようなら
お前はもちろん俺の殿堂入りだ。

新しいタープにお前の心を引き継いでくれ。

クリックすると元のサイズで表示します
強い雨風から守ってくれた。最後の雄姿

クリックすると元のサイズで表示します
左が長年の愛用品タープ。右が新しい渓の仲間。

タープは俺の渓の生活の必需品。値段とか無視してすぐさま買い求めた。
うーむ。まだ、旧タープに愛着があって、新しいタープに馴染めない。
新しいタープの大きさ、重量は申し分ない。
だが、ひとつだけ気に入らないところがある。
それは、ハトメ穴がないことだ。

使いこんでいくうちに、心が惹(ひ)かれて行くだろうか……。
0




AutoPage最新お知らせ