2007/5/28 | 投稿者: クロちゃん

秩父の気温、32度。
5月にしては暑すぎる。
秩父御嶽山の木立の中は涼しい。
下界とは別世界の空間だ。寝転んで空を見上げた。

クリックすると元のサイズで表示します

そよそよと不思議な風が通り過ぎていく。
ずっと、寝転んでいたい。そんな気持ちになった。

時が止まった。そして、古(いにしえ)の時代がそっと現れた。

クリックすると元のサイズで表示します

秩父町…。
現在の秩父市は昭和25年に市となったと聞く。
では、これは半世紀以上前の代物か。
不思議な風が俺の心の中を流れていった。
戦後の昭和浪漫が聞こえてきそうだ。


さて、目を覚まそう。
5月28日、NHK「首都圏ネット」で過日の「安全登山講習会」の様子が放映された。
予期していたより、ずっと「しおじ山の会」のメンバーが映っている時間が長い。
その中に、俺も映っていた。
「これが、俺か…。」
ずいぶんとテレビ映りが悪い男だ。

「!!!」
そうだ、HPに“中高年の安全登山講習会”の記録を掲載しなくちゃ。
ブログから転記して写真を貼ろう。ヘリコプターは動かそう。

まだ、昭和浪漫の夢の中かな……。
0




AutoPage最新お知らせ